子供がいる家庭こそ選びたい暖房器具とは?おすすめと安全対策をご紹介

生活

子供がまだ小さいと、暖房器具にも本当に気を使いますね。

安全なのはもちろん、乾燥しすぎるのは困るし、温度調節も気になるところだし、空気の汚れも心配と考えだしたらきりがありません。

でも、毎日のことなので、やっぱり経済的なことも考えないといけないですよね。

これから冬に向かって、だんだんと寒くなっていくなか、子供がいるご家庭でも安全で経済的な暖房器具を探して、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

子供部屋の暖房は省エネのものを選ぼう

まず、いろいろな暖房器具の特徴をみていきたいと思います。

 

ガス、石油ストーブ

・電気料金はほとんどかからない。

・すぐに暖まり、部屋全体も早く暖まる。

・部屋の酸素が少なくなりやすくて、空気の入れかえが必要。

・灯油やガスが燃焼する際に湿度が上がり、結露ができやすい。

・火傷や火事の危険性がある。

・ガス代、灯油代金がかかる。

 

電気こたつ

・すぐに暖まる。

・空気を汚さない。

・部屋全体を暖められない。

・長時間同じ部分が触れると低温火傷の恐れがある。

 

電気カーペット

・足元が暖かくて、行動しやすい。

・特別な工事などの必要がない。

・部屋の大きさに合わせて、いろいろなサイズが選べる。

・空気を汚さない。

・足元だけが暖まりやすい。

・長時間同じ部分が触れると低温火傷の恐れがある。

 

エアコン

・部屋全体を暖める。

・ヒートポンプで少ない電気で暖まる。

・部屋の空気を汚さない。

・空気清浄機能やお掃除機能を兼ね備えた機種もある。

・乾燥しやすい。

・加湿器を併用するとなると、その分の電気料金も考えないといけない。

・電気料金が夏場の冷房料金よりも高くなる。

・暖まるまでに、時間がかかる。

 

電気ストーブ

・すぐに暖まる。

・空気を汚さない。

・部屋全体を暖められない。

・長時間使用すると火傷の恐れがある。

 

石油ファンヒーター

・部屋全体を暖めることができる。

・転倒による火事・火傷の恐れがある。

・灯油代がかかる。

 

パネルヒーター

・安全だが、部屋全体を暖めることができない。

・暖まるまで時間がかかり、電気代が高くなる。

 

ハロゲンヒーター

・部分暖房だが、暖まるのが早い。

・もし触れると火傷の恐れがある。

 

オイルヒーター

・安全で空気の乾燥が少ない。

・暖まるまで時間がかかり、電気代が高くなる。

 

遠赤外線ヒーター

・遠赤外線効果により、身体の芯まで暖まる。

・触れると火傷の恐れがある。

・電気代が高い。

 

それぞれ長所と短所があり、なかなか迷うところですが、組み合わせて使うことで暖房効果を上げることができます

例えば、エアコンなどの部屋全体を暖めるタイプと、電気こたつや電気カーペットなどの身体を直接暖めるタイプなどを組み合わせて使うことで、暖房効果が上がります。

また、ファンヒーターなどの空気を対流させる「対流式」と電気ストーブなどの赤外線で暖める「輻射式」の異なる組み合わせも、暖房効果が上がります。

エアコンとファンヒーターなどの「対流式」と「対流式」は、同じタイプの組み合わせなので、あまり効果的ではありません。

長時間使用することを考えると、エアコンまたは、石油ファンヒーターで部屋全体を暖めておき、ある程度暖まったら、設定温度を下げ自分たちがいる場所だけを暖めるホットカーペットや電気こたつを使います。

または、エアコンで部屋全体を暖めてから、オイルヒーターに切り替える方が、電気料金が節約できます。

 

スポンサーリンク

子供部屋の安全対策をしっかりと

赤外線ヒーターやオイルヒーターなどを使用するときは、子供が指を入れにくいタイプや、カバーがついたデザインがおすすめです。

また、それ以外のタイプの場合は、ファンヒーターガードを使いましょう。

ファンヒーターガードにも、いろいろなタイプがあります。

さわっても熱くならない素材で、簡単に倒れたり、外れたりしない頑丈なタイプがおすすめです。

また、子どもが電気カーペットで眠ってしまったときは、お布団に移動させるなど低温火傷に注意することも必要です。

暖房器具は、安全対策をしっかりとって事故やケガのないように、子供に優しく、光熱費を押さえる

工夫をされることをおすすめします。

 

タイトルとURLをコピーしました