梨の名産地別!贈り物におすすめの梨の種類をご紹介

グルメ

秋になると、梨の美味しい季節が始まります。

梨は早生種では7月から晩生種は12月頃までありますが、最盛期は8~10月の夏の終わり

から、秋にかけての丁度今頃になります。

美味しい梨の名産地と、贈り物におすすめの梨をご紹介します。

 

スポンサーリンク

梨の有名な産地をおさえておこう

梨の産地は、東京市場では栃木県、茨城県、千葉県産。

大阪市場では鳥取県、福島県、徳島県産がシェアを占めています。

都道府県別では、千葉県、茨城県、福島県産が有名な産地です。

梨は、二十世紀などの皮が黄緑色の青梨と、幸水・豊水などの皮が褐色の赤梨の2種類に分けられます。

また、時期によっても品種が分けられ、7月の早生種は幸水、9月の中世種は豊水、二十世紀、10月の晩生種は新高(にいたか)などです。

また、貯蔵性のよいものでは翌年の3月頃まであります。

 

スポンサーリンク

鮮度のおいしい梨の見分け方

左右の形が整っており、皮に傷がなく、ずっしりと重みがあり、果皮に色むらがないもの

梨を輪切りにした時に中心部が褐色のものがありますが、蜜の部分は褐変しやすいので、取除くと食べられます。

梨は傷みやすいので、保存方法は、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。

 

美味しいと人気の梨は?

幸水(こうすい)赤梨

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

梨全体の40%以上のシェアを占めます。

赤梨と青梨の中間的な色で、まだらのように見えるものもあり、見た目はあまり良いとは言えないものが多いです。

早生幸蔵×菊水が親になります。

糖度は12以上で甘くシャリシャリ感がありみずみずしさは、梨の中では一番です。

梨独特の香りも強く、それまで硬く嚙んだ感じが砂のようで、酸味の強い梨が主流だった頃に登場して、一大ブームを起こした品種です。

ただ、収穫してからの傷みが早くて、5日以内に食べないといけないのが難点です。

歯ごたえ重視なら幸水で、万人受けする品種です。

ハウスの幸水は7月頃から、7月下旬は九州産、8月上旬千葉・茨城産。

8月中旬・下旬栃木産、9月福島産、それ以降は東北産に移ります。

 

豊水(ほうすい)赤梨

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

梨全体の25%を占めます。

石井早生×二十世紀が親ですが、人工的な品種改良ではなく、たまたま交雑で生まれた品種です。

幸水に比べて柔らかい果肉が特徴です。

糖度は12度で甘みだけでなく酸味もあり皮をむいたとき、果汁が滴り落ちます。

全体的にバランスの良い極上品種です。店に出始めるのは幸水より遅く、8月下旬頃です。

味も香りも良く、日持ちも1週間以上あるので、贈り物としても人気が高いです。

ただ、日本梨は追熟しないので、早めに食べるのがおすすめです。

 

新高(にいたか)赤梨

大型でみずみずしい、晩生種で独特の芳香。

450グラム~500グラムで、大きいものは赤ちゃんの頭くらいのものもあります。

上品な甘みと香りから「梨の王様」と呼ばれ、贈答品として人気があります。

産地は九州や四国などの温暖な地域で、9月~10月頃に出回ります。

 

二十世紀(にじゅっせいき)青梨

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

果肉は柔らかく、酸味と上品な甘みが特徴です。

緑色の時はシャキシャキした食感で、熟成が進むと黄色を帯び甘みが増します。

無袋栽培と有袋栽培があります。

有袋栽培では、きれいな緑色ですが、無袋栽培ではサビ(傷のような褐色の班が多数出る)が発生することが多いです。

無袋栽培のものは「サンセーキ」または「サン世紀」と呼ばれ、袋をかぶせず太陽光にたっぷりあてることで、より甘い梨になります。

 

あきづき(赤梨)

豊円形で月のように見えることから、「あきづき」シャキシャキと甘みの強い梨で、食味や日持ちも最上級の梨です。

農研機構果樹研究所が、新高と豊水に幸水を交配して作りました。

やや晩生種で、かけあわせた3種の優れたところを持っています。2001年に品種登録。

500グラム前後で濃厚な味わいで、関東地区で9~10上旬に出回ります。

 

南水(なんすい)赤梨

豊水の後継者として、長野県南信濃農業試験場で、越後と新水(しんすい)を交配して作り、南信濃試験場と新水から「南水」と名付けられました。

皮が柔らかく、果肉はきれいな白色で、甘さが際立つ大型の梨。

350グラム~400グラム大きいものになると500グラムのものもあります。

出回るのは10月頃で、梨の中では日持ちするので、贈答品として人気があります。

 

新興(しんこう)赤梨

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

超大型で、果肉が柔らかくジューシーです。

出回り期は9月~10月です。

 

秋麗(しゅうれい)

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

2003年に品種登録され、糖度が高く芳高な香りがします。人気の品種です。

出回り期は9月上旬。

 

まとめ

梨は秋を代表する果物のひとつですが、農家の方や農業試験場の方々の緻密な努力で、甘くてジューシーな新しい梨が生まれてきています。

香港・台湾・ベトナム・アメリカなどにも、輸出され、人気があります。

秋の夜長に、美味しい梨が新しい物語を届けてくれるかもしれません。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました