釣り初心者におすすめの道具とは?予算に合わせて選ぼう

生活

初めての釣り、釣竿はどれがいいの?何を持って行く?

釣り、すごく興味はあるけれども、道具を選ぶにしても種類が多すぎて、何を選んでいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

釣り初心者におすすめの道具を調べてみました。

 

スポンサーリンク

釣り初心者がまずそろえたい道具とは?予算に合わせて選ぼう

釣りは釣る魚によってタックル(釣竿・リール)仕掛け(ハリ・ウキ・ハリス・オモリ・道糸)が変わります。

釣具屋で「釣りたい魚種と釣り方」と予算を伝えると、おすすめの道具を選んでもらえます。

タックルと仕掛けが決まったら、ライン(糸)も一緒に購入します。

インターネットでも、購入することができます。

釣りに必要な道具

ラインカッター:道糸やハリス(道糸の先に結んでおく釣り糸)を切るなど糸全般のカッターです。絡まってしまったラインを切るなど必需品です。現場では、ハサミよりも使いやすいです。また爪切りでも代用可能です。

プライヤー:魚から釣り針を外すときや、道具のメンテナンスなど必需品です。ラジオペンチとも呼ばれますが、釣り用のものを使用する方が便利です。

ハリ外し:釣った魚から針を外す道具。特に魚が針を飲み込んだときに有効。いろいろなタイプがあります。

タモ(ネット):魚の取り込み時に使う網。形状は各種あります。リリースするなら専用のものか目の細かいものを選びましょう。

水汲みバケツ:ロープのついたバケツ。海水をくみあげて魚や手を洗うなど、用途はいろいろあるが、海釣りでコマセ(魚を集めるために撒いたり、仕掛けのカゴに詰めたりする餌)を使うときには必携です。折りたたみタイプや竿受け(竿置き)がついたものなど色々な種類がありますが、普通のバケツに紐を付けただけのものでも大丈夫です。

タオル:触れると危険な魚から釣り針を外すときタオルで押さえて外します。タオルに臭いが残る可能性があるので、日常使用するものと使い分けします。

ビニール袋:魚を入れたり、ゴミを持ち帰るのにも使用します。

折りたたみ椅子:長時間座ることが多いので、あると便利です。ドリンクホルダーや竿受けの付いたものや、超軽量タイプのものもあります。

クーラーボックス:釣れた魚や飲料水の保冷用に必要ですが、どうしても魚臭くなるので、気になる人は専用のものを用意するとよいでしょう。

保冷剤

 

スポンサーリンク

釣り初心者は気をつけたい服装のポイント

暑い時は、暑さから身体を守る服装

・帽子
・サングラス(偏光サングラス)
・Tシャツ
・長ズボン
・長袖の上着
・ライフジャケットは、船、磯、防波堤、岸壁などの釣りには必携です。
・小物を入れるポケット付きが便利。
・スニーカー(サンダルはケガの危険性があります)

また、足場があまり良くない場所(濡れる、汚れる)では、長靴も必要です。

・長袖シャツと長ズボンを身に着け、肌をさらさないこと。
・帽子は日除けだけでなく、危険防止にも役立ちます。
・濡れることも考慮して、着替えの用意も忘れずに。

寒い時は、寒さから身体を守る服装

・帽子
・サングラス(偏光サングラス)
・長袖
・長ズボン
・アンダー
・ウエア
・防寒着
・手袋
・ネックウォーマー
・使い捨てカイロ
・防寒
・防水ブーツ

頭をおおって、首筋をふさぐことで、かなり防寒効果が上がります。
足元にも気をつけて、厚手の靴下やブーツがおすすめです。

服装は、汚れても気にならない、動きやすくて体温調節ができるものがおすすめです。

この他、天気予報に応じてレインウエアなどの用意もいります。

また、消毒液や絆創膏・季節によっては、日焼け止めクリームや虫よけスプレーなども用意するとよいでしょう。

最後に

いろいろありますが、最後に一番大切なのが、マナーです。

釣り場では、立ち入り禁止場所には入らない。ゴミはすべて持ち帰る。

ビニールゴミは海の生態系に影響を与え、釣り場減少の原因にもなります。

調理できない魚はリリースして、その場に放置しない。

漁港近いスポットでは、漁業者の迷惑にならないように気をつける。

日常の生活では、当たり前のことが、ついうっかりということにもなりかねません。

くれぐれも気を付けて、初めての釣りを楽しみたいものです。

 

タイトルとURLをコピーしました