トレンドのカーキは万能カラー!色によって季節感を楽しもう

スポンサーリンク
ファッション

カーキは、合わせる色をあまり選ばない色です。

また現代のファッションのカーキは、光沢や透け感のある素材が増えていて、より洗練された色へと変わってきています。

カーキは、色のインパクトが強くない反面、合わせる素材や、また、合わせる色によっても違った雰囲気が楽しめます。

カーキ色にあう色を知ることでおしゃれ感アップ

春夏におすすめのカーキ色に合う色

*黒

どんな服にも合わせやすい万能カラーです。

色合わせに迷った時に、選べば間違いなしです。

引き締まって見える黒との組み合わせで、クールでカッコイイ印象になります。

黒とカーキの組み合わせはメンズライクな配色ですが、服の素材やデザインで、また、小物や髪型を工夫することで、女性らしさや、トレンド感を演出することができます。

 

*白

白とカーキも、相性抜群の組み合わせです。

特に、春夏は見た目にも涼しさを感じさせる配色で、カーキの初心者にもおすすめのコーデです。

 

*グレー

カーキとグレーの組みあわせは、相性がいいので、春夏にもピッタリのコーデです。

 

*ベージュ

辛めのカーキに、柔らかい印象のベージュとの組みあわせで、

カーキの持つメンズライクな印象を、女性らしいソフトな印象に変えます。

 

*ブルー

春夏のブルーは、デニムがおすすめです。

カッコ良さとワンランク上のカジュアルな雰囲気を演出できます。

 

*赤

カーキとは、真逆の色で、お互いの良さを引き出し合う興味ある配色です。

赤は、主張する色なので、洋服だけに限らずどこかに靴とかバッグなどの小物として、配色するだけでも効果があります。

 

*ピンク

ピンクは、赤よりも主張しない色なので、合わせることで、柔らかくガーリな印象になります。

 

秋冬におすすめのカーキ色に合う色

*黒

万能カラーの黒は、秋冬にもおすすめです。

どんな色のカーキにも自然になじみ、どちらをメインに使ってもおしゃれに見える色です。

ただ、秋冬には、少し重い感じにならないために、小物に白や明るい色を持ってくることをおすすめします。

 

*白

こちらも、カーキに合う定番の色です。

秋冬の白は、春夏と違い見た目の涼しさよりも、さわやかさを演出してくれます。

白色をプラスすることで、女性らしい優しい雰囲気をかもしだします。

濃いカーキに合わせるとメリハリのある着こなしに、淡いカーキなら、優しい雰囲気になります。

 

*ベージュ

ベージュとカーキは同系色のアースカラーです。

同系色ですので、自然になじんで、大人雰囲気のナチュラルコーデが作れます。

また、気張らない色なので、扱いやすく上品で、優しい雰囲気を醸し出してくれます。

 

*ネイビー

春夏は、ブルーがおすすめでしたが、秋冬は、ネイビーをおすすめします。

大人モダンで上品なコーデが完成します。

 

*グレー

ベーシックカラーのグレーは、カーキともなじみやすく、アースカラーでまとめることで、ナチュラルで落ち着きのあるコーデに仕上がります。

素材を変えるだけでカジュアルにも、上品にも仕上げることができます。

 

*ブラウン

アースカラー同士の相性の良い組みあわせです。

差し色として、赤色を持ってくると、インパクトの強いコーデになります。

 

*黄色

からし色のようなマスタードイエローから、鮮やかな黄色まで、アウターで合わせても、インでも合います。

また小物で差し色として使っても、秋冬のカーキを明るく見せるこができます。

 

*カーキ×カーキ

カーキとカーキの組み合わせも、上下の濃淡を変えたり、

ウェストをベルトなどでマークすることで、カッコイイコーデになります。

 

カーキ色を使ったトレンドコーデ3選

*カーキのひざ下丈のロングスカートに、トップスは白・黒・グレーなど、また、ピンクや黄色でも。

トップスの色によって雰囲気が、ガラッと変わってきます。春夏は、Tシャツやシャツ、秋冬はセーターやトレーナーなどをあわせても。

 

*ビッグシルエットのカーキのシャツワンピースに、黒やグレーのファーベストを合わせると暖かさと、細見え効果も実現します。

小物も同じ黒やグレー合わせると、統一感もありおしゃれなコーデが完成します。

 

*ロング丈のカーキ色のコートは、中にベーシックなベージュや、上品な白、可愛いピンクを合わせると秋冬コーデが完成します。

 

まとめ

カーキの服が似合わないと思っている女性は、カーキ色と肌の色が合っていないだけで、自分の肌に合ったカーキ色を選びましょう。

色白の人は、明るめのトーン。肌の青みが強く透き通るような肌の方は、トーンの明るいグレーがかったライトカーキがお似合いです。

大人っぽい雰囲気で、はっきりとしたカラーが似合う人は、同じカーキでも、深みのあるダークなグレーカーキがお似合いです。

また、顔立ちや雰囲気が、カーキ色に似合わないと思っている人は、素材やデザインで、カーキを自分らしい雰囲気に持っていきましょう。

透け感のある素材やフワッとした素材、女性らしいデザインのカーキを選べば、メンズライクな雰囲気でなく、女性らしいカーキができあがります。

色白な人・カーキを着ると肌がくすんで見える人は、トップスではなく、ボトムスに、カーキを取り入れるのをおすすめします。

カーキ色は、振り幅の広い色でとても応用範囲の広い色です。

もし、自分は、似合わないと思っている方がいたら、ぜひ素材・デザイン・色の濃淡・明暗など様々な方法で、自分らしいカーキを見つけだしてください。

 

タイトルとURLをコピーしました