大晦日はドバイへひとり旅に行ってみよう!気になる治安も調べてみました

海外旅行

ドバイは「暑い!」と言うイメージがあると思いますが、大晦日の時期は暑さが落ち着き過ごしやすい気候になっているので暑い所が苦手な人でも落ち着いて楽しむことができます。

しかもドバイの年末はイベントが盛りだくさん!

特に世界最高と言われるブルジュ・ハリファのイルミネーションは最高に綺麗なんです!

ひとりでも観に行くと感動に包まれいい思い出になること間違いありません。

そんな素敵なドバイですが「ドバイの治安が不安」と思っている人でも多いのも事実です。

安心して旅行に行けるように注意すべき点や対処法などをこれからお伝えします。

 

スポンサーリンク

ドバイの治安は悪い?ひとり旅で注意すべき点とは

まず一番に心配するのが『テロ』や内戦などの危険な状況に遭ってしまうのではないかと言うことだと思いますが、ドバイはそんな心配はいらないくらい輝かしく近未来的で綺麗な街なんです!

世界中からの観光客も多く東京よりも世界ランキングは上です。

『安心感』と言う点については、日本より実は上かもしれません。

日本は安全でいい国だと世界中の人が思っていて観光にも訪れますが、ドバイはそんな日本より安全に力を入れていて街のいたるところに警備員を配置するなどし徹底しているんです。

ドバイの人たちはサービス精神が旺盛でいい人が多いのですが、もしいい人が自分の周りにいない時を考えると不安になってしまいますよね。

また、知らないマナーがあり違反を犯してしまう場合もあるので備えが大事です。

そこで、一人旅で注意しておいた方がいい点を3つ紹介します。

 

インターネット環境

知らない土地に行くと大活躍するのがスマホについているナビではないでしょうか?

本よりもわかりやすく音声つきでいいですよね。

しかし、ドバイはネットができる場所は日本より限られています。

ホテルや空港、ショッピングモールなど大きな施設にはフリーWi-Fiが設置してあるのでインターネットを使うことができますが、他の場所にはないため移動しながらスマホを見ることができないんです。

そのためナビも使えません。

そんな時の解決方法としてカードくらいのサイズで持ち運び便利な『ポケットWi-Fi』を持っておくことです。

契約後、料金は1日に1,000円くらいかかってしまいますが一人旅で一番頼れる存在のスマホは必要ですし惜しくはありませんよ。

海外行くなら!イモトのWiFiがおすすめです!

イモトのWiFi

置き引きやスリ

旅行客を狙ったスリが多い上、置き引きも絶えません。

特に高価なものを見につけておくと狙われやすい可能性が高まるので

貴金属は最小限にした方が無難です。

そして、荷物は必ず自分の体から離さないことを注意して下さい。

 

電車の中での行為

日本ではよく見かける『居眠り』!

実は、ドバイでは禁止なんです。

罰金を受けることもあるくらいしてはならない行為です。

旅で疲れて寝そうになるのを防ぐ必要があります。

飲食も禁止となっておりガムを噛むこともできませんので、おすすめは『ツボ押し』です。

眠気に効くツボを押すことで起きていられるようになりますよ。

眠気に即効性のあるツボは三箇所あり、中衝(ちゅうしょう)と言い中指の爪の根元の部分や

合谷(ごうこく)と言い親指と人差し指の付け根が交差する骨のくぼみの部分、労宮(ろうきゅう)と言い手のひらのちょうど真ん中の部分があります。

痛気持ちいいくらいの力で数秒押しましょう。

 

スポンサーリンク

大晦日のドバイへのおすすめの行き方をご紹介

日本からドバイまで直行で行ける飛行機は大阪、成田、羽田から乗ることができます。

エミレーツ航空』と言い大阪と羽田からは毎日運行、成田からは週5(火・水以外)で運行しています。

また、『エティハド航空』は成田からアブダビまで直行で行ける飛行機を週5で運行しているのでこちらを利用しアブダビから無料シャトルバスに乗りドバイまで行く方法もあります。

スカイスキャナーは、航空券・ホテル・レンタカーなどの情報を、世界中の航空会社・旅行会社など1,200社以上のウェブサイトから横断的に比較検索できるメタサーチサービスです。
国内外への航空券、ホテル、レンタカーの最安値を簡単に検索できます!

 

まとめ

2020年に万博が開かれることもあり飛行機やホテルの予約が殺到しています。

旅行に行く場合は早めに予約しましょう。

世界一の高さの巨大ビルバージュカリファや世界最大級のショッピングモールなどドバイの発展する勢いは止まりません。

想像するだけでもすごいと思いますが、実際に行ってそのすごさを実感すると想像以上の思い出になるでしょう!

タイトルとURLをコピーしました