沖縄の観光スポットランキング!子連れに人気なホテルもご紹介

スポンサーリンク
観光

綺麗な海や観光など、幅広いそうの方々に人気な観光地“沖縄”、カップルや友達どうしはもちろんだけど、子連れでの家族旅行を楽しみたいそんな方々も少なくないのではないでしょうか?

小さいお子様がいると、どうしてもいろんなことに気を使わないといけないので、観光スポットも限られてしまうと思われがちですが、今回は小さいお子様と一緒だからこそ楽しめる観光スポットをランキング形式でお伝えいたします。

沖縄観光ランキングベスト10!

・不動の第1位:“沖縄美ら海水族館”(沖縄本島北部 名護)

沖縄に旅行に来たら外すことができないと言ってよいほど、人気の観光スポット「美ら海水族館」なんといっても世界最大級の巨大アクリルパネルで一望することのできる水槽「黒潮の海」!

水槽内では大人気のジンベイザメやナンヨウマンタその他にも巨大水槽には海の生き物をたくさんみることができます。

小さい子供も夢中になること間違いなし!

美ら海水族館にはたくさんの海の生き物がいて楽しめることはもちろんですが、実は小さいお子様がいるからこそ、寄っていきたい場所もあります。
“海洋博公園「ちびっことりで」”です。
なんといっても、日本最大級のネット遊具がある、まさにお子様のための遊び場です。

  1. さざ波ゾーン【海岸に打ち寄せる波を表現】ネット・クッション遊具
  2. 黒潮ゾーン【流れの激しい黒潮を表現】ネット遊具
  3. 大海原ゾーン【どこまでも続く大海原を表現】ネット遊具
  4. 深海ゾーン【深海の神秘性を表現】ネット・クッション遊具

これら4つのエリアにわかれており、お子様の目は輝くこと間違いなし!

・第2位:ビオスの丘(沖縄本島中央部 うるま市)

お子様がいるからこそ足を運びたい観光スポットです。

巨大ブランコやアスレチックなどの遊具で遊ぶことのできる場所や、ミニブタや、ヤギ、ニワトリなどに餌をあげたり、触ったりたくさんの動物たちと触れ合うことができます。

その他にも季節ならではのイベントも開催しているため、お子様も喜ぶこと間違いなし!

さらに、やはりお子様と一緒に、お出かけをするときに気になる食事ですが、キッズメニューの用意があるお店もあるのも非常にポイントが高いです。

・第3位:琉球村(沖縄本島中央部 恩納村)

沖縄といえば琉球村といえるほど、沖縄を満喫することのできるスポット。

昔ながらの古民家の観賞や、工芸体験、伝統舞踊を見て楽しむことができ、沖縄ならではの三味線や太鼓の音が聞こえてくるので、まるで昔の沖縄にタイムスリップしたかのように感じます。

特に工芸体験の中でも人気NO1の“オリジナルシーサー色付け”!

お子様と一緒にシーサーに色付けして世界に一つだけのおみやげをつくってみるのはいかがでしょうか?

・第4位:琉球城蝶々園(沖縄本島北部 本部町)

名前の通りたくさんの蝶々を間近で観察することのできる施設です。

子供向けのイベントも定期的に開催しているので、お子様がいる方は特におすすめの観光スポットです。

美ら海水族館も近く、園内にはレストランもあるので休憩がてらで寄ってみるのもOK!

・第5位:Sea freeシーフリー(沖縄中央部 恩納村)

なんと驚き!2歳から体験することのできるマリンスポーツがあります。

バナナボートにシュノーケリングなど、お子様の思い出に残ること間違いなし!

・第6位:ジスタスキッズランド(沖縄本島中央部 うるま市)

室内でおもいっきり遊ぶことができる施設です。

アメリカンな大型遊具が敷地内に広がっており、お子様は間違いなく大喜びです。

飲食持ち込みOKも非常にうれしいポイントです。

授乳室も完備されているため、小さいお子様がいる方にも安心していくことができます!

・第7位:トライエア(沖縄本島南部 豊見城市)

なんと本物のシミュレーターで航空機の操縦体験をすることができます。

お子様はもちろんのこと、パパやママも楽しめる施設です。

・第8位:沖縄県立博物館・美術館(沖縄本島南部 那覇市)

愛称“おきみゅー”こと沖縄県立博物館・美術館はその名の通り、博物館と美術館が一体化された施設で、「ふれあい体験室」にて“触れる・見る・聞く”をテーマとしてさまざま体験をすることができます。

また、施設内でベビーカーも借りることができます。

・第9位:沖縄こどもの国「ズージアム」(沖縄本島中央部 沖縄市)

動物園・ふれあいコーナー・ワンダーミュージアム・乗り物コーナーとお子様が楽しめる施設がたくさんあります。

もちろん季節によってイベントも開催されているので、何度いっても楽しめる施設です。

・第10位:名護パイナップルパーク(沖縄本島北部 名護市)

パイナップルレンタカーに乗って園内をまわっていきます。

レンタカーには自動で動くが、ハンドルがついており、子供が運転している気分が味わえ、お子様も楽しめる施設です。

家族旅行を最高の時間にしたい言う方必見!子連れの家族が喜ぶホテルとは?

【沖縄本島中央部】ホテル日航アリビラ ヨミタンリゾート沖縄

おむつが常備されていたり、離乳食を提供されるレストランがあったり、子連れの方が安心してくつろげる空間です。

旅行にいってあれこれ心配したくない方はおすすめです。

格安で予約する

【沖縄本島北部 名護市】ザ・リッツ・カールトン沖縄

間違いなくくつろげる空間がここにはあります。

大人ももちろんですが、アメニティをお子様一人ひとりに手渡しで配るなど、子供にもサービスが行き届いています。

美ら海水族館も近くにあるので、非常におすすめのホテルです。

格安で予約する

 

沖縄観光に必要なものランキング!子連れなら絶対に必要な持ち物とは

子供をつれて旅行にいくとなると、持ち物にももちろん気を使わなければ、せっかくの旅行にもかかわらず、旅先で心安らげなくなってしまう事態が起こる可能性もあります。

しっかり準備して、旅行を存分に楽しみましょう!

【必須アイテム編】

・第1位:マリンアイテム

・水着
・水遊び用おむつ
・タオル
・マリンシューズ
・ラッシュガード
・レジャーシート
・浮き輪
・スマホ防水ケース
・ワンタッチテント

などたくさんありますが、特にラッシュガードなど日焼け防止を忘れずに!

・第2位:長袖の服

沖縄=暖かいイメージですが、季節や天気によっては肌寒いなんてこともありえます。

せっかく旅行にいったのに風邪を引いてしまっては、楽しめません。

長袖1枚でもあると安心です。

・第3位:ETCカード

意外と忘れがちになってしまうETCカード。

本島では車移動がほとんどで高速道路を利用することも多々あるので、忘れないようにしておくと便利です。

【あったら便利編】

・第1位:洗濯セット

旅行に洗濯セット?と思われがちですが、「洗濯洗剤や、ハンガー、洗濯ロープ」があると非常に便利です。

海やプールに入った後、ラッシュガードや水着をベランダに洗濯ロープを張って干しておくだけでもOKです。

・第2位:DVDやCD

沖縄本島での旅行の場合、意外と車での長時間移動があります。

そんな時に子供が暇で泣き出してしまわないように、DVDやCDをもっていると安心です。

ホテルでももちろん活躍してくれるでしょう。

・第3位:ストローや使い捨てスプーン

子供がいると予想外にペットボトルで飲み物をあげなくてはいけなくなったり、食事をする場合があります。

そんな時に使い捨てのストローやスプーンがあると非常に重宝されます。

まとめ

如何でしたでしょうか。

子連れで沖縄旅行に行く際のおすすめスポットやホテル、持っていくと便利な持ち物などを紹介しました。

家族みんなが楽しめる旅行になるように、しっかり下準備していってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました