東京2020協賛ジャンボ宝くじの発売期間・当選確率がアップする買い方まとめ!買うならいつがいい?

スポンサーリンク
宝くじ

宝くじを買うだけで「当たったら何買おうかな♪」と妄想を楽しむ方も多いのではないでしょうか?

年末ジャンボに外れてしまった人も、東京2020協賛ジャンボ宝くじに期待してみませんか?

 

例年この時期は、バレンタインジャンボ宝くじが発売されていました。

しかし、2020年は東京オリンピックにあわせて「東京2020協賛ジャンボ宝くじ」として発売されています。

 

東京2020協賛ジャンボ宝くじ、いったいいつ買ったら「運がつく」のか紹介します!

 

東京2020協賛ジャンボ宝くじの種類

・東京2020協賛ジャンボ宝くじ

・東京2020協賛ジャンボ宝くじミニ

と2つ種類があります。

もちろん高額当選を狙うならミニではなくジャンボを。

打率を増やしたいならミニをおススメします。

 

東京2020協賛ジャンボ宝くじの当選金額と本数一覧

東京2020協賛ジャンボ宝くじの当選金額は1等、前後賞あわせて3億円です。

夢が広がりますね。

内訳は下記のようになっています。

 

1等が2億円で10本

前後賞が5千万円、20本。

他にも

1等の組違い賞…10万円、990本

2等…500万円、50本

3等…100万円、1000本

4等…10万円、30000本

5等…1万円、200000本

6等…2000円、1000000本

7等… 300円、10000000本

 

次に、東京2020協賛ジャンボ宝くじミニのほうの賞金はどうでしょうか?

東京2020協賛ジャンボ宝くじミニの当選金はこちらです。

1等…2千万円、20本

1等の前後賞…500万円、40本

2等…100万円、200本

3等…10万円、16000本

4等…1万円、80000本

5等…3000円、400000本

6等… 300円、4000000本

東京2020賞…3万円、4000本

 

となっています。

ミニのほうが本数も多いので、打率をねらいたい人はミニの購入をどうぞ。

 

東京2020協賛ジャンボ宝くじの期間・抽選日・支払期限について

気になるのは販売期間ですよね。

 

東京2020協賛ジャンボ宝くじ販売期間は

2020年2月3日~2020年2月28日までとなっています。

 

抽選日は、2020年3月6日(金)。

 

支払期限は、支払い開始日から1年以内となっています。

宝くじを購入したけど、当選確認を忘れやなどないようにしてくださいね。

もちろん当選したら、換金もお忘れなく!

 

東京2020協賛ジャンボ宝くじの当選確認と換金の方法は?

当選確認

当選確認は、インターネットや新聞など自分でチェックをすることが一番確実。

もちろん宝くじ売り場の店頭で確認をしてもらうこともできます。

 

購入枚数が少ないのであれば、自分でチェックすることをおススメします。

なぜかというと、海外の事例ですが、機械が読み取れずに無効になったケースも。

 

日本ではそういう事例はありませんが、念のために自分の目で確認し、念のために売り場でもオートチェックしてもらうとよいでしょう。

 

換金方法は、当選金額で変わる

一般的には

1万円以下の当選は、宝くじ売り場で換金。

「5万円マーク」のある宝くじ売り場では、5万円以下の当選金額を換金ができます。

お近くの宝くじ売り場をチェックしてみてくださいね。

 

1当選あたり1万円以上で、「5万円マーク」のついた宝くじ売り場が、近隣にないときは、みずほ銀行本店まで行く必要があります。

 

高額当選の場合

そして、高額当選だった場合は、「みずほ銀行本店」のみで換金ができます。

ここでも少し約束事があり、

1口あたり50万円以上の高額当選の場合本人確認の身分証明書が必要です。

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート

などを持参してください。

さらに

100万円以上の高額当選のときは本人確認証明の他に「印鑑」も必要です。

 

うっかり忘れないようにしてくださいね。

顔写真付きの身分証明書ではない場合、追加でほかの証明書の提出もあるとのことです。
運転免許証など顔写真つきが無難ですが、持っていない方は公共料金の支払い証明書などをおもちください。

 

東京2020協賛ジャンボ宝くじ、買うならいつがいい?買ってはいけない日は?

宝くじを買うとなったら、やはり高額当選をねらいたい…。

そう考えると、大安や一粒万倍日など、縁起のよい日をえらびたいですよね!

東京2020協賛ジャンボ宝くじと、ちょうど重なる吉日を調べてみました。

2月 3日(大安 + 一粒万倍日)
2月 5日(天赦 + 寅の日)
2月16日(大安 + 一粒万倍日)

がもっとも、吉日になります。

 

その他にも、

2月 8日(巳の日)
2月 9日(一粒万倍日)
2月10日(大安)
2月17日(寅の日)
2月20日(巳の日)
2月21日(仏滅だが一粒万倍日)
2月22日(大安)
2月27日(大安)
2月28日(一粒万倍日)

となっています。

 

買ってはいけない日というのは存在しません。

じつは宝くじ当選の確率的には、仏滅だろうがなんだろうが、どの日に購入しても同じとのこと。

ですが、運気があがるような気持ちになれるなら、吉日を選んで購入してみてください。

 

東京2020協賛ジャンボ宝くじのおすすめの買い方は?バラか連番どっちがいい?

宝くじを連番で買うべきか、バラで買うべきか…は永遠のテーマなのではないでしょうか。

当選確率からいうと、バラでも連番でもあたる確率は同じです。

ただし、1等や前後賞の確率は連番よりもバラのほうが2.5倍も上がるそうです。

 

ただし、当選をインターネットなどでチェックしたい方は連番のほうがラクです。

バラだと「次はあたるかも」という期待はふくらみますが、調べるのが少し大変です。

 

東京2020協賛ジャンボ宝くじ、当たる確率の高い売り場は?

宝くじが当たる確率が高い売り場は全国にありますが、人気ランキングで調べてみると

1位、西銀座チャンスセンター(東京都中央区)
2位、新宿チャンスセンター(東京都新宿区)
3位、卸商団地チャンスセンター(宮城県仙台市)
4位、名駅前宝くじチャンスセンター(愛知県名古屋市)
5位、地下鉄天神西口チャンスセンター(福岡県福岡市)
6位、立川ルミネチャンスセンター(東京都立川市)
7位、錦糸町ビックチャンスセンター(東京都墨田区)
8位、大宮西口ⅮOⅯチャンスセンター(埼玉県さいたま市)
9位、栄エンゼルチャンスセンター(愛知県名古屋市)
10位、堂前宝くじ店(北海道旭川市)

となっています。

人気の宝くじ売り場では実際に「当たった」という人も多いです。

ぜひ高額当選をゲットしてくださいね。

 

直接行かなくても当たる確率の高い売り場で購入できる方法!

吉日に、人気の宝くじ売り場で買うとなると何時間も並ぶことをご存知ですか?

人気の売り場で買いたい!けれど、発売に行列を作りたくない!という人のためにあるサイトをご紹介します。

 

・忙しく買いに行く暇が無い方

・「西銀座チャンスセンター」で買いたいけど場所が遠くて買いに行けない方

・宝くじを買うのが恥ずかしくて買えないという女性の方

 

の代わり宝くじ購入の代行をしてくれるインターネットサービスです。

転売は違法となっているので、「購入の代行」であることをお間違いなく。

 

なんと!もっとも高額当選者を生みだしていると人気の「西銀座チャンスセンター」で購入ができるのです。

しかも、あなたの希望日に並んで代行で宝くじを購入をしてくれます。

 

西銀座チャンスセンターで吉日に買いたいけれど、地方で買えない…というお悩みも解消されます。

 

ただし、2020年現在、取り扱いはまだ「ジャンボ宝くじ」のみとなっています。

購入の代行サービスについて詳しく見てみる

 

まとめ

ジャンボ宝くじって夢がありますよね。

東京2020協賛宝くじは、東京2020オリンピックの支援にもなります。

夢も買えてオリンピックの支援もできちゃいます。

 

購入するとなったらやはり高額当選をねらいたいですよね。

「縁起のいい吉日」

「よく当たると評判の売り場」

で買うことをおススメします。

 

どうしても当選をしたい!!という人は、代行サービスをおススメします。

人気の西銀座チャンスセンターで、さらに当たるといわれる窓口で購入が可能ですよ!

タイトルとURLをコピーしました