春から新入社員!ワイシャツの選び方、着こなし方

スポンサーリンク
生活

もうすぐ4月。いよいよやってくる新生活。

新入社員のみなさんは、不安と期待の入り混じった気持ちで過ごしているのではないでしょうか。

入社に向けての準備はもう済みましたか?

まだの方は、早めに準備しましょう。

余裕を持って入社式を迎えたいものです。

バタバタしないように、準備のための知識をいれときましょう。

新入社員にとってスーツは必需品です。

選ぶのに、どんなものが良いか、色々と悩むところですね。

そこで、今回は

・ワイシャツの具体的な失敗しない選び方

・入社式でのふさわしい服装

など、新入社員にとって必要なことを見ていきます。

これで、準備もバッチリ、自信を持って入社式を迎えられますよ。

 

新入社員が気をつけておきたいワイシャツの選び方

新入社員は、何よりも清潔感を重視しましょう。

ベーシックなタイプが合わせやすいです。

白を基本に、サックスなど、柄はストライプなどがオススメです。

ノンアイロンのワイシャツは手間もかからず◎。

素材は自分に合ったものを選びましょう。

汗っかきの人は、速汗性や防臭性の高いものもあります。

 

特にサイズ感は重要です。自分の身体にピッタリなものを選びましょう。

フィットしたものは着心地も良いですし、スッキリとキレイに見えます。

選ぶときのポイント

・自分の肩幅とシャツの肩を合わせる。

・首回りのゆとりは指2本分。

・ズボン半分にかかるくらいの着丈。

・袖口から見えるワイシャツは1cmくらいに。

寸法を測ってもらうのが、間違いがなくて良いです。

難しければ、手持ちのワイシャツでピッタリのものと同じサイズのものを購入しましょう。

スーツやネクタイとの相性も考えることも忘れずに。

 

新入社員ですので、あまり冒険はできないですが、慣れてきたら少しずつ着崩しての着るのも良いです。

生地の織りがあるものは、個性をさりげなく出せます。

レビュラーカラーは無難ですが、少し堅い印象になります。

ワイドスプレッドカラーなら、ノーネクタイでもOK。こなれ感も出ます。

※ワイドスプレッドカラー:襟羽開き角度が広い襟型

クレリックシャツは着回しが難しいです。

それぞれメリット、デメリットがあるので、参考にして選んでみてください。

 

先輩社員の服装や着方のテイストを参考にして、職場の雰囲気に合ったものを上手く着こなしましょう。

新入社員の入社式。ボタンダウンシャツはNG!

近年、会社の服装規定も以前に比べて、緩くカジュアルな傾向になってきています。

とは言っても、マナーは大切です。

相手の目からどう見えるかは常に意識したいところです。

 

その上で、ボタンシャツは入社式に適しません。NGということです。

入社式には、着ないようにしましょう。

ボタンシャツは、一般的にカジュアルな部類に属します。

入社式のようなきちんとした場では、避けた方が良いです。

会社が堅い仕事でなければ、普段の仕事で活用できるでしょう。

程よくカジュアル感を出せて良いです。

 

合わせて、入社式でのスーツは黒、紺色、グレーなどで、生地は無地が良いです。

シャツは、フレッシュで清潔感のある白でいきましょう。

ネクタイは紺色、深緑やワインレッドなど落ち着いたトーンの色が無難です。

 

入社式の服装のポイント

・清潔感があるもの

・正しいスーツの着こなしをしていること

・派手さはなく様式を踏まえていること

全体のバランスとチェックして、ベルトや靴、バックは色を合わせると良いです。

特に、入社式は社会人のスタートである晴れの日です。

服装は人を表すものです。

入社式でのあまりカジュアル感を感じる服装は、真面目さに欠けている印象を与えます。

一度信頼を疑われると、これからの仕事に支障がでます。

 

やはり最初が肝心です。

きちっと気を引き締めて、悪目立ちしないよう場に合った服装で臨みましょう。

 

まとめ

新社会人として、ふさわしいシャツをパリッと着て、バリバリ仕事に励みたいですよね。

心構えとして

第一に清潔感があるものを身に付けることです。

ワイシャツは白を基本に薄い水色、柄ならストライプから。

自分のサイズにぴったり、フィットしたサイズ感も大切です。

レビュラーカラーが無難です。

ワイドスプレッドカラーなどもありますので、自分のテイストや職場の雰囲気で選択しましょう。

またシャツを選ぶときに、スーツやネクタイとの相性も大切です。

一緒に選んで購入すると、トータルのバランスも取りやすいでしょう。

また、それぞれの職場のカラーがあると思うので、先輩社員を参考すると良いです。

フレッシュ感と信頼感の持てる落ち着きを兼ね備えた中に、個性をちらっとプラスすると一目置かれますよ。

入社式では、ボタンシャツのようなカジュアル感のあるものは避けましょう。

大事な晴れの式には、ふさわしい格好で出席しましょう。

服装に会社や仕事に対する気持ちが表れやすいので、細かなことまで要チェックです。

これから続く社会人生活。

準備を万全に整えて、良いスタートを切りましょう。

頑張ってください。応援していますよ!

タイトルとURLをコピーしました