はと麦茶の苦味を抑えて美味しく飲む方法は?そもそも期待できる効果は?

スポンサーリンク
生活

自宅で常備されているお茶ってありますか。

値段も安くて量も多い「麦茶」を作って冷蔵庫に入れているという方は多いかもしれません。

夏の時期に麦茶は大活躍しますよね。

「麦茶」は麦茶でも「はと麦茶」をご存じでしょうか。

「はと麦茶」は体に良い成分がたっぷりと含まれた、しかも女性に嬉しい効能があるお茶です。

定期的に口にするお茶に、美容成分があったらいいと思いませんか。

でも、苦みが気になるという方もいらっしゃると思います。

せっかく毎日飲むお茶は、健康に良くておいしいものがいいですよね。

はと麦茶をおいしく飲むには?

はと麦茶の効能って?

 

はと麦茶の苦味を抑えて美味しく飲む方法は?

はと麦茶には種類があることをご存じでしょうか。

独特の味が苦手という方は、その種類を確認してみるとおいしく飲めるかもしれません。

はと麦茶には「殻ごと焙煎」「殻を除いて精白」の2種類があります。

苦みを感じるのは「殻を除いて精白」したはと麦茶です。

手元にあるのが「精白されたはと麦茶」の場合、おすすめの飲み方は煮出して飲む方法です。

水出しの方が簡単でいい・・・と思われるかもしれませんが、水出しにすると苦みが強く出てしまったり、効果を抽出するのに数日かかるというデメリットがあります。

では、煮出しはどのように行えばいいのか、夏場は冷やしたい!という方も合わせて作り方を見てみましょう。

今回は夏場の麦茶を想定して、多めに作る方法をご紹介します。

【はと麦茶の煮出し方】

1.やかんに規定量の水と茶葉を入れる

2.沸騰したら弱火にして3~5分煮出して茶葉を取り出す

(はと麦茶が持つ栄養素を最大限に摂取したい!という方は、煮出す時間を20分くらいにすると良いです。ただし、時間が長くなる分、雑味や苦みが出やすくなるという点をご注意ください)

簡単に2工程で終わってしまいましたが、水から茶葉を入れるという点と、グラグラと沸騰させて煮出すのではなく、弱火にするという点がポイントです。

ここからは作ったお茶を冷やす工程です。

3.やかんに入れたままでは冷めにくいので、耐熱のお茶ポットに煮出したはと麦茶を移す

4.粗熱が取れたらすぐに冷蔵庫で冷やす

 

沸騰させた水道水は傷みやすいので、煮出したお茶はなるべく早く冷蔵庫に入れるようにしましょう。

冷蔵庫に入れたお茶も1~2日で飲み切るようにします。

 

はと麦茶の期待できる効果は?

はと麦茶の飲み方がわかったところで、効能について見てみましょう。

はと麦は、漢方薬として知られている薏苡仁(ヨクイニン)の原材料です。

ヨクイニンには肌を整える効果があり、肌荒れやいぼの治療、疲労回復などの生薬として古くから親しまれてきました。

具体的にどんな成分が含まれているのでしょうか。

1.アミノ酸

お肌のいちばん外側にある角層(角質)の天然保湿成分の半分以上はアミノ酸でできています。

紫外線やエアコンなどさまざまなお肌のダメージを一番最初に受ける角層。

この場所の保湿力を高めるためにはアミノ酸が欠かせません。

美肌だけではなく、疲労回復にもアミノ酸は役立ちます。

2.鉄分

血液中のヘモグロビンの成分である鉄は、体のすみずみに酸素を運搬するために必要な栄養素です。

この巡りがよくなると筋肉の働きや、代謝がアップします。

基礎代謝が上がると、お肌の調子が良くなりますし、鉄分が不足しがちな女性の方に、はと麦茶は日ごろの飲料としておすすめです。

 

3.ビタミンB2

皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをし、糖質、脂質、たんぱく質を体内でエネルギーに変えるために必要な栄養素です。

つまり、はと麦茶は食事との相性がとても良いということです。

たくさん摂取しても排出されてしまうので、食事のたびに飲むようにすると効率よくビタミンB2をとることができますね。

 

まとめ

 紫外線、汗、エアコン・・・美肌に大敵な季節となりました。

暑さによる体力の消耗も激しくなりますね。

代謝を上げ、夏を乗り切るのに必要な栄養が詰まった【はと麦茶】を、日々摂取する飲料に加えてみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました