一人暮らしで太ってしまった!原因と痩せるためにする3つのこと!

規則正しい生活を送るというのは簡単なことではありません。

実家にいた時は家族がある程度の予定を把握してくれていて、朝食の時間に起きてこないと起こしてくれたりしました。

でも、一人暮らしを始めると自分の意志だけで規則正しい生活を維持することがどれほど大変なのかに気がつきます。

規則正しい生活の中には食事の管理も含まれます。

実家では親が作ってくれたごはんをとくになんとも思わずに口にしていたかもしれません。

一人暮らしを始めると不規則な生活になってしまい、食生活のコントロールをしきれずに、食べたいと思ったら食べて、食べたくなければ食事を抜くということをしてしまいがちです。

その結果がどうなるかは言うまでもありません。

生活習慣の乱れはそのまま体重の増加につながってしまいます。

今回は一人暮らしで太ってしまったと感じている方におすすめの痩せる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

一人暮らしで太る原因は?

一人暮らしを始めると太ることには具体的にどのような原因があるのでしょうか。

ご自分の生活はいかがですか。

 

1.外食やコンビニ弁当などの高カロリーな食事

一日働いて疲れ果てて帰宅します。

そこから、食事を作って食べて片づける。

この過程は思いのほか大変なものです。

ここに食材の買い物などが追加されると一気に疲れが増してしまいますね。

 

そんな時に活躍するのが外食やコンビニ食です。

お手軽さはありますが、これらの食事は基本的に揚げ物や炒め物です。

コンビニでからあげとごはんのみのお弁当を見たことがあるでしょうか。

太る要素の油と糖ががっつりとセットになった食事ですね。

 

2.食事を抜く

朝はできるかぎりゆっくり寝たいと思って朝食を抜いたり、お休みの日に一人分のごはんを用意するのが面倒で朝食や昼食を抜いたり。

食べないのだから痩せるんじゃないの?と思いがちですが、食事を抜くと食事と食事の間隔が長くなるので栄養が吸収されやすくなって、太りやすい体質になってしまうそうです。

筆者自身も食事を抜いた次の食事は「おなかすいたー!何食べよう何食べよう」となって、おなか一杯に食べてしまうことがたびたびあります。

そういうおなかがすいた時って、がっつり系の食事に目がいってしまうんですよねえ。

 

3.動かなくなる

一人暮らしになると、親などに小言を言われることがなくなります。

「そんなにだらだらして。部屋の掃除しなさい」

「家にいるならこれ手伝って」

なんてことを言われることなく自由な時間を満喫することができます。

楽しいと思うことに没頭してしまうあまり、休みの日はソファやベッドからほとんど動かないという状態が発生してしまうのです。

ご自分の生活習慣で「これ私だ…」と思ったものがあるでしょうか。

生活習慣を改善し痩せて健康的な体を手に入れるにはどうしたらよいでしょうか。

 

スポンサーリンク

一人暮らしの節約術!これで痩せた!

1.部屋を整理整頓する

部屋やクローゼットがきれいに整理整頓されていると気持ちがいいですよね。

居住環境が整っていると余計なストレスを持たずに生活することができます。

整ったお部屋と健康的でスリムな体形は関係があると思います。

お部屋を管理する習慣は、体形を理想のものにする自己管理の習慣に通じるものがあると思います。

また、整理整頓すると自分が持っているものを把握しやすくなりますので、無駄な買い物をすることがなくなり節約につながります。

定期的に掃除することは体を動かすことになります。一石何鳥の益があるでしょうか。

 

2.良い睡眠をとる

体内時計を整えることはダイエットにとても大切です。

寝ようと思いながらいつまでもスマホを見ていると体のスケジュールが崩れていきます。

人もスケジュールが乱されるとその後の予定に支障をきたしますよね。

体も寝ている間に体力を回復したり、起きているときに消耗したものを修復したりします。

 

その体内スケジュールを良い睡眠をとって整えてあげることで痩せる体質を作ると言われています。

早く起きることができればゆったりと朝食を取ることができて、間に合わせの食事を買うことも減るのでコツコツと節約することもできますね。

 

3.自炊する

ダイエットには食生活を整えることが欠かせません。

自炊することで自分の体内にどんな食材や調味料を摂取されるのか知ることができます。

また、外食をするよりも費用の節約になります。

 

自炊したら痩せる。なぜ!?

・カロリーを減らせる

太ってしまう原因の一つにカロリーの高い外食やコンビニ食というものがありました。

そこを解決するのが自炊です。

自炊を続けると外食やコンビニ食の回数を減らすことができます。

また、外食は味が濃く作られているため、塩分や糖分を多く含んでします。

油分も健康をおかまいなしに使用されています。

その点、自炊をすると味の濃さや油の量を調整することができます。

 

・食べるために考える

自炊をすると、毎日メニューを考えなくてはいけません。

そうなると「何を食べたいか」を、しっかり考えるようになります。

「野菜を食べないと」とバランスに気を使いますよね。

また、本当に食べたいだけのものを食べ、それ以上は食べないという量の選択を自炊をすることで行うことができます。

 

・見た目で食べたくならない

外食はメニューに並んでいる料理をあれこれ食べてみたくなります。

でもそうやって欲のままに食べていると食べ過ぎてしまいます。

自炊の場合はメニューはありませんので、自分で考えなくてはなりません。

なので、美味しそうな写真につられて食べ過ぎることはなくなります。

わたしは食べる前にこれを飲むことで便秘がなくなりました。

いつもお腹がスッキリする感覚であまり食べても太らなくなりました^^

興味がある方は覗いてみて!

 

まとめ

 一人暮らしで太ってしまうのは、生活習慣や食習慣が実家にいる時と大きく変わってしまうことが問題ということでした。

無理に生活の仕方を変えようとするとストレスで逆に食習慣が乱れてしまうかもしれません。

整理整頓をすることの気持ちよさを実感したり、自炊することで節約や健康につながることを実感しながら、健康的な一人暮らしライフを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました