新入社員が選ぶ人気のビジネスリュック5選!!メリット・デメリットも

生活

新入社員のみなさんもビジネスバックの準備をしている人も多いのではないでしょうか。

ビジネスバックにリュックを選ぶ人も増えています。

一度リュックを使うと、その便利さや使い心地から手放せません。

便利で機能的、シンプルかつスタイリッシュなものも多く揃っています。

リュックは、カジュアル感が強いイメージでしたが、最近のものはビジネスシーンにも違和感なく使えます。

リュック通勤NGの営業職や身だしなみを気にする職場でなければ、検討してみると良いです。

今回は、ビジネスリュックのメリット・デメリットを知った上で、新入社員として自分に合った最適なビジネスリュックを選びましょう。

これで、新入社員の必需品であるビジネスバックの準備は万全ですよ。

スポンサーリンク

新入社員が知っておいた方がいいビジネスリュックのメリット・デメリット!

まず、ビジネスリュックのメリット・デメリットを知っておくことが大切です。

メリット

・荷物がたくさん入れられる。(大容量)

パソコンもすっぽり入るA3、B4サイズがたくさんあります。

 

・体に負担への負担が軽い。

重い荷物も背中で支えるので、ショルダーなどに比べて肩こりもしにくい。

 

・両手が空く。

軽快に動ける。姿勢が良くなる。自転車通勤もOK。

→移動にウォーキング意識を持てる。健康的で印象が良い。

 

全体として言えることは、機動力アップを重視する人に向いてます。

移動が多い人は、アクティブに動けるリュックスタイルがオススメです。

 

デメリット

・満員電車に不向き。

背中に背負ったリュックは周囲の邪魔になります。

 

・荷物の出し入れが不便。

ものを探して出すのに煩わしさが伴います。

 

・カジュアル感が出て、ビジネスに合わない。

元来リュックはアウトドア向け。

カジュアル感の強いデザインはビジネスシーンに不向き。

 

・スーツの劣化を早める。

スーツはリュックを背負うことを考慮して作られていません。

日々リュックを背負うことで、背中や腰の摩擦で生地が傷みます。

 

・夏暑い。

背中にピタリとしているリュックは、夏蒸れて暑いです。

 

・年配の上司から不評。

中堅からベテランの上司にはリュック通勤に対して否定的な意見があるかもしれません。

 

これらのメリット・デメリットを踏まえて、実際にビジネスリュックを探しましょう。

選ぶ時の重視するポイント

・使い勝手のよい、機能性
・見た目にスタイリッシュなもの
・背負った時のフィット感としっくり感

実際に背負って全体の姿を鏡で体とのバランスをチェックすることも忘れずに。

スポンサーリンク

人気のビジネスリュック通勤におすすめベスト5!

ビジネスでおすすめのリュック5つ挙げてみました。

それぞれ特徴やポイントがあります。

また比較的新入社員でも手を伸ばしやすい価格のものを選びました。

1.THE NORTH FACE:Shuttle Daypack Slim

アウトドアブランドということもあり、強度の高い素材を使っているのが特徴。

カジュアルなイメージが強いですが、ビジネス向けのものも揃っています。

ノートPCやタブレットを収納しやすいコンパートメントが付属している点が便利。

デザインもすっきりしていて、タウンユースにもビジネスにも使えます。

2.Manhattan Portage:Union Square Backpack

黒いボディに目を惹く赤いブランドタグが特徴。

飽きが来ないシンプルなデザインです。

タブレット端末を収納できるスクエアタイプ。

小物の収納にも便利なポケットが多くて便利、機能性も高いです。

3.Hush Tug:スクエアリュック

上質なレザー使用で、シンプルながら大人の雰囲気のでデザイン。

PCスリットもあり、収納力も問題なし。

気になる背面と肩の部分はメッシュ素材で通気性も良し。

Hush Tugスクエアリュック

4.GREGORY:オーバーヘッドデイ

シンプルでスマートな形で使いやすいデザインが特徴。

A4サイズに対応する程よい大きさ。

大きく開閉できるメイン収納部分は、荷物の出し入れに便利。

アウトドアから普段使いまで幅広く支持されています。

5.PORTER:DAYPACK

スタイリッシュなデザインでビジネスでも普段使いでもOK。

機能性の高さが人気。

メインが2つ+小物収納もあり、荷物の中身を管理しやすいが魅力。

それぞれに特徴があるので、参考にして選んでみてください。

自立できるタイプのリュックを選ぶと荷物を床に置く場合にも便利です。

ショルダーやブリーフケースにできる3WAYや2WAYタイプもありますが、あまりおすすめしません。

どちらにも使える使用になっているため、機能的に不十分であったり、かえって使いにくい場合っがあります。装飾も多くなり、ビジネスに適しません。

頻繁にスタイルを変えて使うことがないので、必要ならば別にもうひとつ持つと良いでしょう。

まとめ

ビジネスリュックにもメリット・デメリットを知って、自分の職場やワーキング、通勤スタイルに合わせて選びましょう。

長く大事に使ええるものを選びたいですね。

シンプルで使い勝手の良い機能的なものは、選ぶ上でポイントが高いです。

これから社会に出る新入社員には必須グッズとなるビジネスバック。

大事なビジネスパートナーとなります。

気持ちも新たに自分にとってベストなパートナーを探して、共に一歩を踏み出してください。

タイトルとURLをコピーしました