部屋の乾燥対策にコップは意味なし!?加湿器を使わず手軽にできる乾燥対策

生活

部屋の乾燥対策にコップ一杯の水だけじゃあ意味がないって本当!?

確かに部屋の湿度を上げるために、コップに水を入れて置いておく、というのは定番の方法ですよね。

でも実は、それだけでは全く意味がなかったんですよ!

ということで今回は、部屋の乾燥対策にコップ一杯の水ではなぜダメなのか、また、効果的に部屋の湿度を上げるにはどうすればいいかを紹介します。

スポンサーリンク

広くない部屋でもコップだけじゃ乾燥対策にはならない!?

実はコップ一杯の水を置いただけでは、そんなに広くない部屋であっても、乾燥対策には全くならないんですよね…。

確かに、コップ周辺の空気は多少は潤すことが出来ます。

でも、コップ一杯だけの水では、部屋全体の空気を潤すには、全く水分が足りていないんですよ!

そのため、水を入れたコップを置くだけでは、部屋の湿度を上げることは出来ず、乾燥対策にはなりません。

そんなに広くない部屋であっても、部屋全体の湿度を上げるには、もっとたくさんの水が必要になるんですよね。

私はてっきり、水を入れたコップを置いておけば、乾燥対策になると思ってましたが、実際は全然それでは意味がなかったので、ちょっと衝撃を受けています…。

でも確かに、コップ一杯の水分だけでは、部屋中の空気を潤すことは難しいんですよ。

ということで、もっと他の方法で室内の空気を潤して、乾燥対策をしていくようにしましょう!

スポンサーリンク

めんどくさがりでも今すぐ出来る!部屋の乾燥を手軽に改善する6個の方法

では加湿器なしでも簡単に出来る、おすすめの部屋の乾燥対策を6個紹介していきます!

・浴室と洗面所のドアを開けておく

浴室や洗面所のドアを開けておけば、その湿気で部屋の空気を潤すことが出来るんですよ!

より部屋の乾燥対策をしておきたいのでしたら、浴槽にお湯を張っておき、更に浴槽の蓋を外したままにしておくこと。

そうすれば更に湿気が浴室から流れ出てくるので、部屋の乾燥対策になるでしょう。

ちなみに我が家でも冬場はこの方法をしているので、個人的にもかなりおすすめの方法ですよ!

・洗濯物を部屋干しする

洗濯物を部屋干しすれば、部屋の湿度を一気に上げることが出来ます。

そのため、部屋の乾燥が気になる時は、洗濯物を部屋干ししておくようにしましょう!

・部屋に濡らしたタオルを干す

部屋干しと同じ要領なんですが、部屋に濡らしたタオルを干しておくだけでも、室内の空気を潤すことが出来るのでおすすめです。

出来れば干すタオルはバスタオルなど大きめなものが良いですね。

その方がより部屋の湿度が高くなり、乾燥対策になるので安心ですよ。

・室内で鍋料理を食べる

部屋で鍋料理を食べると、その湯気で室内の湿度も上がっていきます。

しかも、鍋料理を食べると体も温まるので、より風邪予防にもなって冬場は特におすすめなんですよね。

ぜひ冬場は頻繁に鍋料理を食べて、風邪予防をするついでに、部屋の乾燥対策もしてしまいましょう!

・観葉植物を育てる

観葉植物って実は天然の加湿器といわれており、水を与えるとその水分を葉っぱから放出するという特徴があるんですよ!

水遣りをするだけでOKなので、面倒くさがりな人でも乾燥対策にとっても役立つでしょう。

・お湯の入った洗面器を部屋に置く

コップ一杯の水では乾燥対策にならないので、洗面器にお湯を張り、それを部屋に置いておくようにしましょう。

お湯を入れた洗面器を置いておけば、湯気でより部屋の湿気も上がっていきますよ!

 

以上が部屋の乾燥対策に効果的な方法です。

確かにどれも部屋の湿度を上げてくれそうですよね!

先ほども紹介したように、我が家ではリビングの乾燥対策として、浴室と洗面所のドアを開けておくようにしていますが、バスタオルを干すのも合わせて試してみようと思います。

やっぱり冬場は特に空気の乾燥が気になりますからね。

少しでも乾燥対策になることなら、どんどん試していくと良いですよ!

まとめ

部屋の乾燥対策にコップ一杯だけ入れた水は、水分量が足りないのであまり効果なし。

代わりに、浴室のドアを開けておいたり、洗濯物やバスタオルを干しておいたり、観葉植物を育てるなどしましょう。

そうすればより効果的に部屋の湿度が上がるので、加湿器なしでも乾燥対策がバッチリ出来ますよ!

タイトルとURLをコピーしました