洗面台の頑固な黄ばみはクエン酸だけじゃダメ!?本当に落とすマル秘テク

スポンサーリンク
生活

洗面台の黄ばみを落とすにはクエン酸が有効なんでしょうか?

どうにかして、洗面台の黄ばみをキレイに落としたいですよね。

でも、頑固な黄ばみだとクエン酸でもなかなか落ちないもの…。

そこで今回は、洗面台の黄ばみを落とすのに効果的な方法をご紹介!

ぜひ掃除の時に試してみてくださいね!

洗面台の黄ばみを簡単にピカピカにする方法

洗面台の黄ばみ汚れを落とすにはクエン酸だけでなく、重曹を使うようにすると良いでしょう!

というのも洗面台の黄ばみって、皮脂汚れやせっけんカス、水垢などが原因なんですよね。

せっけんカスや水垢などの汚れはアルカリ性の性質なので、酸性の性質を持つクエン酸を使えば、キレイに落とすことが出来ます。

でも皮脂汚れは酸性の汚れなので、クエン酸では落とせないため、重曹を使って落としていく必要があるんですよ!

では、洗面台のクエン酸と重曹を使った、汚れの落とし方を詳しく説明しますね。

・クエン酸スプレーをしてメラミンスポンジでこする

せっけんカスや水垢などは、市販のクエン酸スプレーを吹きかけてから、メラミンスポンジでこすると良いですよ!

それでも落ちないほど汚れが頑固な場合は、クエン酸をパックして見ると良いでしょう。

まずクエン酸を汚れ部分にスプレーしてから、キッチンペーパーかティッシュペーパーをかぶせて覆い、更にその上からクエン酸スプレーを吹きかけておきましょう。

そして、そのまま15分~30分ほど放置し、時間が経ったらペーパーを取り外して、メラミンスポンジでこすり洗いをしていってくださいね!

我が家でもメラミンスポンジは掃除の時に活用しているんですが、かなり汚れが落ちるのでとてもおすすめですよ!

頑固なアルカリ性の汚れにはぜひ、クエン酸をパックしてみてくださいね。

・重曹スプレーとメラミンスポンジを使う

皮脂汚れによる洗面台の黄ばみには、アルカリ性の性質を持つ重曹を使うのが効果的!

もし、クエン酸を使っても、黄ばみが残っている場合は、それは皮脂汚れということなので、重曹を使って黄ばみを落としていきましょう。

重曹スプレーも市販のものがあればそれを使えばOKですが、ない場合はスプレーボトルに水200mlと重曹小さじ2杯を入れ、よく振って混ぜて作ると良いですよ。

この重曹スプレーを先ほどのクエン酸スプレーの時と同じように、黄ばみ汚れ部分に吹きかけてから、メラミンスポンジでこすれば、汚れをキレイにすることが出来ます。

また、皮脂汚れによる黄ばみが頑固な時も、クエン酸スプレーの時と同様、キッチンペーパーなどでパックをしてからこすり洗いをすれば、より汚れが落としやすくなりますよ!

ということで洗面台の黄ばみ汚れは、クエン酸と重曹を使って落としていくようにしましょう!

洗面台は黄ばみをおとすだけじゃ意味なし!手軽にできる予防法!

やっぱり洗面台の黄ばみ汚れは予防していくのが良いので、こまめな掃除と使った後に水気を拭き取る、ということをしていくようにしましょう。

まず洗面台はこまめに掃除をしておくことで、せっけんカスや皮脂汚れなどの汚れが溜まるのを防げます。

我が家でも週に1回の頻度で洗面台の掃除をしているので、そのおかげか、せっけんカスや皮脂汚れなどが溜まらず、黄ばみも今のところは出ていませんよ!

やっぱりこまめなお掃除は効果的なんですね!

そして、水垢に関しては、洗面台を使い終わった後、水気をタオルや布巾などでしっかりと拭き取っておくこと。

水滴がついたままだと、水垢がまた出来てしまうので、くれぐれも水気を残したままにしないようにしていきましょう。

以上の方法で、洗面台に黄ばみが出来るのを予防できるので、かなりおすすめですよ!

ぜひ洗面台のキレイをキープして、汚れを予防するには、こまめな掃除と水気の拭き取りを徹底していきましょう!

やっぱり清潔感のある洗面台は気持ちが良いですからね。

ぜひキレイな洗面台をキープしていってくださいね!

まとめ

洗面台の黄ばみ汚れには、クエン酸と重曹のスプレー、そしてメラミンスポンジを使うのがとても効果的。

水垢やせっけんカスにはクエン酸スプレーを使い、皮脂汚れには重曹スプレーを使うなど、汚れによって使い分けをしていくと良いですね。

また、こまめに洗面台を掃除しておくことと、洗面台を使い終わったら、水滴など水気を拭き取っておくことで、汚れを予防することが出来ますよ!

タイトルとURLをコピーしました