ペットボトルの水は開封後、常温だとどのくらいまで持つの?

スポンサーリンク
生活

少し前まで、水道をひねれば出て来る水を、わざわざスーパーやコンビニで買うなんて・・・。

と思っていましたが、今やそれもごく当たり前に。

健康やダイエット、備蓄品にと、日常には欠かせないものとなっています。

出先で水を買う機会が増え、すぐに飲み切れれば良いですが、カバンの中やデスクに長時間置いておくことも多いかと思います。

毎日のように飲む水。

一度開けてしまったら、それがどのくらい持つのか、気になりませんか?

夏場など、暑い時期や部屋では特に心配ですよね。

今回は、開封したペットボトルの水が、常温でどのくらい保存できるのか、また、安全に飲むための保存方法について、ご紹介します。

口をつけて飲んだ時、コップに分けて飲んだ時の違いは?

開封後、外出先ならそのまま口をつけて、家などではコップに移して。

その時々で、飲み方は多少異なりますよね。

飲み方によっても期限は変わってきますが、どちらの場合にも、共通していることはあります。

 

それは、ペットボトルに書かれている賞味期限は、あくまで開封前であり、開封してしまったら、その瞬間から空気中の細菌が中に入り、劣化は進む、ということです。

この大前提を頭に置いた上で、それぞれの違いについて見ていきましょう。

・口をつけて飲んだ時:1日

唾液と一緒に細菌が入りやすく、持っても1日が限度です。

雑菌は30~37℃くらいの温度で最も活発に繁殖するそうです。

気温が30℃を超える夏場は、特に要注意ですね!

 

雑菌の繁殖と劣化が1番進みやすい飲み方と言えます。

口をつけてしまったら、なるべく早く、遅くてもその日のうちに飲み切ってしまいましょう。

・コップに移して飲んだ時:当日~数日

口をつけて飲むよりは、長く持つようです。

それでも、開封してしまった以上、空気中の細菌が入り劣化してしまうのは同じなので、それほど長くは保存できません。

夏場は、やはり当日

冬場は1週間ほど持つこともあるようですが、室温や保存状況にもよるため、美味しく飲むには数日が無難かと思います。

これらの期限は、あくまで目安です。

お水も腐るので、白く濁っていたり、沈殿物があったり、味や匂いに違和感があれば、上記の期限にかかわらず、飲まないよう気をつけてくださいね。

(腐っていたら、雑巾のような臭いがすることも!)

開封後も安全に飲みたい!その方法とは?

開封してから、少し時間が経ってしまったけど、まだ飲めるかな・・・?

ちょっと心配な時は、以下の方法がオススメです。

煮沸する

煮沸して、清潔な水筒や容器に入れれば、保存期限を伸ばすことができます。

加熱によって、水の中を殺菌してくれるのですね。

保存できるのは、約1週間程

 

まだ飲みかけのがあるのに、新しいのを開けちゃった!

なんて時にも、この方法だと安心できますね。

それでも、早めに飲み切ってしまうのが良いと思います。

冷蔵保存

細菌が増える速度を抑えてくれ、こちらも1週間程は保存できるようです。

上記の2つを合わせて、煮沸して容器に移し、冷めたら冷蔵庫、が1番安心かもしれませんね。

私はよく、午前中に出先で口をつけてしまったお水やお茶を、帰宅後の夕方に飲む時など、マグカップに移してラップをかけ、電子レンジで加熱して飲んでいます。

まとめ

口をつけていてもいなくても、開封後のお水は、記載の期限に関係なく、なるべくその日の内に飲み切ってしまうのが良さそうですね。

できればコップに移して、また、可能なら冷蔵庫に入れて保管しておくのが安心です。

最近はスーパーやコンビニでも、水の産地や硬度が選べ、バリエーションが豊かになっていますよね。

保存方法に気をつけながら、健康や美容のために、生活の中にお水を積極的に取り入れてみたり、お気に入りの種類を探してみるのも楽しいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました