象印「スチーム式加湿器/EE-DB50」の口コミ・評判と最安値!シリーズ別の違いは?

スポンサーリンク
家電

冬は乾燥が気になる季節です。

さらにエアコンを稼働するとさらに乾燥は進みます。

室内が乾燥すると菌が元気になってしまうので、特に今の時期は湿度を40~60パーセントを保ちたいものです。

昔は、ストーブの上でやかんを置いてお湯を沸騰させることで蒸気を出して乾燥を防いでいましたが、残念ながらエアコンでお湯は沸かせません。

空気清浄機にも加湿器が付いているので利用している方も多いかと思います。

しかし、空気清浄機はお手入れが少し面倒で、しっかりお手入れしていないとカビてしまい逆効果になってしまう場合もあります。

出来れば、お手入れも簡単でしっかり室内が潤ってくれるような加湿器があれば便利だと思いませんか?

今回は、象印から2020年9月1日発売されている「スチーム式加湿器/EE-DB50」の口コミや評判、ネットショッピングサイトでの最安値についてご紹介したいと思います。

さらに旧型と新型の違いについてもご説明させて頂きます。

象印「スチーム式加湿器/EE-DB50」の特徴や魅力

スペック&カラー、特徴

こちらのスチーム加湿器は、どちらかというとポットに近い商品です。

加湿器と言えば、アロマディフューザーがついていたり、空気清浄機付き加湿器だったりと、何かしら付属しているものの多くありますが、こちらのスチーム加湿器は、加湿のみに特化している商品となっています。

大きく分けてポイントが5つあるのでご紹介します。

①清潔な蒸気のスチーム式

加湿器は水を補充して、そのまま水蒸気が出てくるタイプもありますが、象印「スチーム式加湿器/EE-DB50」は、補充した水を一度沸騰させてから蒸気が出てくるタイプです。

殺菌された清潔な蒸気が出てきます。

また、そのまま出てくるのでは無く、65℃まで冷ましてから蒸気が出てくるので、安全面にも配慮しています。

②お手入れが簡単

多くの加湿器にはフィルターが付いていて、そのお手入れを怠るとカビの原因になったりしてお手入れが少々面倒な部分もあります。

ですが、象印「スチーム式加湿器/EE-DB50」は、ポットと同じ構造を採用されているのでフィルターがありません。

なので、お手入れが簡単で給水もポットのように蓋を開けて水を注ぐだけです。

➂長時間加湿が可能

睡眠中、暖房を入れたまま寝ていると部屋が乾燥して喉が痛くなる経験がありませんか?

寝室の乾燥を防ぐために加湿器を入れても朝まで継続して加湿してくれないと意味がありません。

ですが、こちらの象印「スチーム式加湿器/EE-DB50」は大容量タンクの4.0Lタンクで、連続で加湿8時間可能です。

④小さな子供がいるおうちでも安心のトリプル設計

チャイルドロック、ふた開閉ロック、転倒もれ防止構造がついているので、小さなお子さんがいるおうちでも危険回避しやすくなります。

➄デュアルセンサーが湿度を自動コントロール

「湿度センサー」「室温センサー」のデュアルセンサーが快適な湿度を自動でコントロールしてくれるので、いつの間にか湿度が高くなりすぎていた!なんていう心配もありません。

カラーはホワイト一色のみです。

象印「スチーム式加湿器/EE-DB50」の口コミや評判

象印「スチーム式加湿器/EE-DB50」の口コミは、まだ発売されて間もないのであまりありませんでした。

代わりに2019年に発売された「スチーム式加湿器/EE-DA50」の口コミを参考に載せています。

悪い口コミ

中に入れる水が減っているか外から分からない。
蓋を開けると熱い蒸気が噴き出すので危険。まだ使い勝手がよく分からない。

引用元:Amazon

安心トリプル設計になっているとはいえ、開けた時は蒸気がでて熱いので気を付けなければいけません。

良い口コミ

2019年モデル、容量UPの新製品です。
加湿の性能面は同じですが、タイマー機能が2段階から3段階設定できるようになりました。
切:1、2、4 入:4、6、8  入・切をデュアル設定できます。

介護で利用しており3Lの8畳モデルからの買い替え、使い勝手は了解で安心して利用できます。
自動標準利用で約6~8時間程度の運転が約2時間は延びるのは有り難く、水の補給回数も減ります。

タイマー機能は入切どちらかの設定でしたが、デュアル設定で使い勝手の幅が広がります。
難点は、タンク空状態への水補給を水道でタンク直接だと重いし、水差し利用だと分ける事ぐらいでしょうか。

引用元:Amazon

バケツに水を入れて、ダバーっと注ぐだけ。給水がとにかく楽。これは大きなメリット。毎日最低2回は給水するが、楽に給水できるのは、ありがたい。

蓋を開けると水滴がこぼれるという話もあるが、マニュアルにあるとおりにすれば、全くこぼれない。方法は、蓋を半開き(45度)にして2~3秒待つだけ。これで蓋の内側に付いた水滴が本体内部に落ちる。

容量も多くパワフル。手入れも楽。強いて言えば、スチーム式なので電気代が気になる人は気になるのがデメリットかも。それも、最大出力にしなければいいだけの話。

買って良かった。

【R2.1.12追記】

蓋を開けずに水の残量が分かるようになっていれば、なお良いなと思った。とは言っても、蓋を開ければ確認できるので、評価は星5のまま。いい買い物をしたと思う。

引用元:Amazon

象印の加湿器は初めてですが、フィルター掃除等の手間がないところが決めてでした。湿度が安定するまでは、音がちょっと気になるのがマイナス1ですが、保湿の面では今まで使った加湿器のなかで一番です!!エアコン暖房ですが、ほどよい加湿が部屋中を良い感じに暖めてくれます。買って良かったです!

引用元:楽天

いままで色んなタイプの加湿器を買ってきましたが、お手入れが…結局は掃除しきれない場所が出てきてしまい最後は捨てるハメに。
スチーム式は本体代、電気代が気になりますが、お手入れを第一に考えてこちらを購入しました。結果、とても良いです。加湿力も◎
まだ使い始めたばかりなのでまだお手入れはしていませんが、見るかぎり構造もシンプルなのでかなり楽だと思います。このモデルは見た目もシンプル、マットな白がかわいいです

引用元:楽天

よく喉を痛めて高熱が出るのですがこれを使いだしてから1回も喉も腫れず熱も出ません。幼い子供も鼻水ダラダラがほとんどなくなり、鼻づまりで寝苦しそうなこともなくなりました。
大きいですが水も入れやすいし機能も沢山ついてて本当にオススメです!

引用元:楽天

やはりお手入れが簡単だという口コミが多くみられました。

また、給水が楽にできたり、大容量のため回数が少なくて済むといった口コミも見られました。

象印「スチーム式加湿器/EE-DA50」と「スチーム式加湿器/EE-DB50」の違いは?

2019年に発売された、「スチーム式加湿器/EE-DA50」を使用している方の口コミでは寝室で使っているといった意見が多かったため、「スチーム式加湿器/EE-DB50」はスイッチボタンの表示ライトの明るさを調整できる機能が追加されました。

その他の機能に関しては、まったく同じになります。

電気代

消費電力は、湯沸かし時985W、加湿時は410Wとなっています。

Amazon、楽天、Yahoo最安値はどこ?

Amazon

販売はありませんでした。

楽天市場

19,980円 (税込)

送料無料

Yahoo!ショッピング

象印 スチーム式加湿器(木造8畳まで/プレハブ洋室13畳まで ホワイト)ZOJIRUSHI EE-DB50-WA

34,334円 (税込)

送料無料

楽天市場が一番お安くなっています。

まとめ

今回は、象印「スチーム式加湿器EE-DB50」の、口コミや特徴、旧型との比較やショッピングサイトでの最安値についてご紹介させて頂きました。

よくある加湿器とは違い、ポットを沸かしてその蒸気で部屋の湿度を快適な数値に自動で保ってくれるのでお手入れが簡単です。

これからの寒い季節は乾燥が気になります。

湿度対策がまだという方は、風邪やコロナ対策に向けて一度購入を検討されてみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました