『買ってはいけない軽自動車』特徴は?【2022年版】丈夫で故障の少ない軽自動車ランキングを紹介!

スポンサーリンク

軽自動車は、車体がコンパクトなので運転しやすい車なので、運転初心者など運転慣れしていない人におススメの車種です。

運転初心者向けの車種として人気が高いので、デメリットな部分はないと思う方もいるでしょう。

しかし、軽自動車にもデメリットな部分があります。

軽自動車の購入を検討している場合は、軽自動車のデメリットな部分を知っておいた方がいいです。

買ってはいけない特徴
  • 使いにくい
  • 小回りが利きにくい
  • 燃費が悪い

本記事では、これらの特徴についての詳細やおススメの軽自動車などについて紹介します。

スポンサーリンク
  1. 買ってはいけない軽自動車の特徴は?
    1. 使いにくい
    2. 小回りが利きにくい
    3. 燃費が悪い
  2. 新車と中古車の違いは?メリットとデメリット
    1. 新車と中古車の違い
    2. 新車のメリットとデメリット
      1. 自分の好みの車を選べる
      2. 最新機能付きの車に乗れる
      3. 保証・アフターサービスが充実
      4. 価格が高い
      5. 納車に時間がかかる
    3. 中古車のメリットとデメリット
      1. 低価格で購入できる
      2. 車種が豊富
      3. 納車が早い
      4. 車の状態が分からない
      5. アフターケア・保証が必ずあるわけではない
      6. 車種が多すぎる
  3. 購入するなら新車と中古車どちらが良い?
  4. 軽自動車をお得に購入するには?
    1. 未使用の中古車を買う
    2. 安く買える時期に買う
  5. 【2022年版】丈夫で故障の少ない軽自動車ランキングTOP3
  6. ダイハツ・ムーヴキャンバス
  7. スズキ・ワゴンR
  8. ホンダ N-ONE
  9. 男性に人気のおすすめ軽自動車TOP3
  10. ホンダ N-BOXカスタム
  11. スズキ スペーシアカスタム
  12. ダイハツ/ウェイク
  13. 女性に人気のおすすめ軽自動車TOP3
  14. ダイハツ・ムーヴキャンバス
  15. スズキ・ワゴンRスマイル
  16. スズキ・ハスラー
  17. ファミリーに人気のおすすめ軽自動車TOP3
  18. ダイハツ タント
  19. スズキ スペーシア
  20. ホンダ N-BOX
  21. 低燃費で人気のおすすめ軽自動車TOP3
  22. スズキ アルト 
  23. スズキ アルトラパン 
  24. ダイハツ ミライース
  25. 下取りするならディーラーと買取店、どっちがお得?
    1. ディーラーのメリット
      1. 人気の車種が手に入れやすい
      2. 質の良いサービスが受けられる
    2. ディーラーのデメリット
      1. 大幅な値引きが不可&メンテナンス費用が高い
      2. カスタマイズできない
    3. 自動車販売店のメリット
      1. 安く購入できる
      2. さまざまな車種を検討できる
    4. 自動車販売店のデメリット
      1. ディーラーのようには対応できないことがある
      2. 店舗によってサービスに差がある
  26. 車買取専門店で下取りするなら一括査定がおすすめ
  27. 『買ってはいけない軽自動車』特徴まとめ

買ってはいけない軽自動車の特徴は?

買ってはいけない軽自動車の特徴を紹介します。

使いにくい

軽自動車は車内が広いので様々な用途に対応できる事からファミリー層からの支持が高い車種です。

車内が狭いと使いにくいので、せめて大人二人が寝泊まりできるスペースがある軽自動車を選びましょう。

小回りが利きにくい

小回りが利きにくいと狭い道などで方向転換できないので、小回りが利きやすいか確認しましょう。

燃費が悪い

軽自動車は車体がコンパクトな事から他の車より重量が軽く、ガソリンが消費しにくいです。

燃費が良いですが、同じ軽自動車でも車体が大きい軽自動車もあります。

大きい分ガソリンも消費しやすいので燃費が悪いです。

また、燃費が悪いとパワーが出にくく坂道などを走行するのに時間がかかり増々燃費が悪くなってしまうことも。

燃費が悪いとガソリン代が高くついてしまうので、燃費がいいのを選んだ方が余計な出費を抑えられます。

自宅などの場所が燃費を悪くするような場所(坂道が多いなど)だったら、軽自動車ではなく他の車種を選んだ方がいいですね。

新車と中古車の違いは?メリットとデメリット

新車と中古車の違いと新車・中古車のメリットとデメリットを紹介します。

新車と中古車の違い

  • 新車:購入注文してからナンバーの登録がされてすぐに、購入者に渡される車のこと
  • 中古車:ナンバー登録されて、使用された後に他のオーナーやディーラーに渡ったあとの車のこと

新車のメリットとデメリット

新車のメリット
  • 自分の好みの車を選べる
  • 最新機能付きの車に乗れる
  • 保証・アフターサービスが充実

自分の好みの車を選べる

新車だと車体の色からタイヤの種類など隅々まで自分の好きなようにカスタマイズできます。

最新機能付きの車に乗れる

中古車は、最新機能がついていない車もあるので、新車に比べたら安全性が低いです。

新車は、最新機能が付いているので安全性が高いです。

幼い子供がいる家庭は、車の安全性も考えて新車を選んだ方がいいです。

高くついてしまう事は重々承知ですが、何かあってからでは遅いのでよく検討した方がいいです。

保証・アフターサービスが充実

新車購入では「新車保証」がついてくるので、不具合や故障に対して補償が受けられます。

車の修理は高額になるので、保証は絶対につけましょう。

新車のデメリット
  • 価格が高い
  • 納車に時間がかかる

価格が高い

新車の価格は基本的に高いです。

車が安くなるのは、使用年数が長ければ長いほど価格が安くなる感じですね。

なので、誰も乗っていない生産仕立ての新車の価格は高いのです。

新品の服やゲームなどを買うのと同じです。

納車に時間がかかる

新車は、購入決定後すぐに購入者に渡されるわけではありません。

販売店にモデル用の車しかない事もあるので買った日に乗れて帰れるという事はありません。

購入者に渡されるまで1ヶ月〜2ヶ月程度かかります。

中古車のメリットとデメリット

中古車のメリット
  • 低価格で購入できる
  • 車種が豊富
  • 納車が早い

低価格で購入できる

中古車は、新車より低価格で購入することができます。

中古車の価格設定は、走行距離や車の状態によって変わります。

車種が豊富

中古車は、色々な車種が出回っているので好きな車種を選ぶことができます。

好きな車種を中古とはいえ安い価格で手に入るのはラッキーですね。

納車が早い

中古車の納車は1~3週間ほどで納車されます。

新車は、在庫がなければ製造しなければならないので納車に時間がかかってしまいます。

中古車なら、在庫がないということはないので新車よりも納車期間が早いです。

中古車のデメリット
  • 車の状態が分からない
  • アフターケア・保証が必ずあるわけではない
  • 車種が多すぎる

車の状態が分からない

前の持ち主がどんな使い方をしていたか詳しい事が分かりません。

ディーラーでさえ分からない事がありますからね。

そのため、購入後に乗って初めて気付く点も出てくることがあります。

安く購入できる分、当たり外れ感も大きいです。

アフターケア・保証が必ずあるわけではない

中古車は新車のように十分なアフターケアや保証が必ずあるとは言い切れません。

保証期間が短かったり、アフターケアがないという事もあるので、ディーラー保証が付きや「認定車」されている中古車を選ぶといいです。

車種が多すぎる

中古車は、車種が多いので迷いやすいです。

選ぶ際は、欲しい車のタイプや色、希望の装備を絞って探すといいでしょう。

購入するなら新車と中古車どちらが良い?

新車と中古車の購入でどちらが良いのかは、人によって異なります。

中古車がおすすめの人は、

「低価格で購入したい」

「運転初心者」

など車にあまりお金をかけたくない人におススメです。

新車がおすすめの人は、

「最新機能付きの車に乗りたい」

「自分だけの新しい車が欲しい」

など車に対して強いこだわりがある人におススメです。

なので、中古車か新車どちらかを選ばなければならないという感じではなく、自分のスタイルに合った車を買うのがいいですよ。

軽自動車をお得に購入するには?

軽自動車を以下の方法でお得に購入することができます。

未使用の中古車を買う

中古車の中には、会社が販売実績を増やすために会社で車を購入することがあります。

登録済みなので扱いは中古車ですが、見た目や車内は新車そのものです。

価格も新車より10~20万円前後安くで購入できます。

安く買える時期に買う

車にも安く買える時期があり、

  • 決算期の3月・9月
  • ボーナス時期の6月・12月
  • 車のモデルチェンジ

の時期に買うといいです。

特に決算期はその年の売上を左右する時期なので、店側も売上を挙げるために値引き交渉に応じてくれます。

【2022年版】丈夫で故障の少ない軽自動車ランキングTOP3

丈夫で故障の少ない軽自動車を紹介します。

ダイハツ・ムーヴキャンバス

ダイハツは、日本自動車耐久品質調査ランキングで1位の評価を得るほど、衝撃に対する耐久性が高いです。

スズキ・ワゴンR

スズキは、日本自動車耐久品質調査ランキングで4位を取っています。

耐久性が高い他に、車への被害を軽減するブレーキアシストや衝突警告機能など安全性能も備えてあります。

ホンダ N-ONE

ホンダは、日本自動車耐久品質調査ランキングは5位で、特にN-ONEはモータスポーツでも活躍する軽自動車なので、耐久性が高いです。

男性に人気のおすすめ軽自動車TOP3

男性に人気のおすすめ軽自動車を紹介します。

ホンダ N-BOXカスタム

NBOXカスタムは、軽自動車とは思えないほどの快適な走りやブラックを基調とした内装が男性に人気です。

スズキ スペーシアカスタム

レザー調の素材が使われている上質な造りで、走行時にモーターでエンジンアシストや電装品に利用されるのでガソリンの消費を抑える事が出来ます。

サイド・リアにシルバーとメッキの加飾が施されていて、高級ミニバンのように作られています。

ダイハツ/ウェイク

全高が1,835mmと高いので、背が高い男性でもゆとりがあります。

中性的なフロントマスクも男性でも気軽に乗れるデザインです。

全高が高く、車内も広いのでロードバイクや釣り竿なども簡単に積み込む事ができます。

シート表皮は全て撥水加工となっているので、荷物が濡れていても気にせず積み込めます。

女性に人気のおすすめ軽自動車TOP3

女性に人気のおすすめ軽自動車を紹介します。

ダイハツ・ムーヴキャンバス

外観が丸いデザインとツートンカラーというレトロなデザインが女性に人気です。

荷室が広く、後部座席の下にも収納がありスライドドア式と機能性も充実しています。

スズキ・ワゴンRスマイル

スペーシアの作りに似ており、スライドドア式のヒップポイント高めの車です。

フロントマスクはメッキ加飾されているので、上質さも感じさられます。

スズキ・ハスラー

ハイトワゴンとSUVを組み合わせた車で、ポップなデザインとカラーパネルをパイプでつないだようなインストルメントパネルが特徴的です。

ファミリーに人気のおすすめ軽自動車TOP3

ファミリーに人気のおすすめ軽自動車を紹介します。

ダイハツ タント

軽自動車特有の車内の広さを活かして、ベビーカーをたたまずに積み込むことができます。

スライドドアなので子どもをチャイルドシートに乗せやすいなどファミリー層から人気の高い車です。

スズキ スペーシア

引き出し式収納や助手席前のアッパーボックスなど車内収納が多いです。

外出の際に、いちいち物を持ち込む必要がなく、車内も散らかずに済みます。

ホンダ N-BOX

軽自動車なのに、後席に大人が乗っても、足元に十分なスペースがあるほどの広さがあります。

また、走行中の自転車や夜間の歩行者にも対応した衝突軽減ブレーキなど予防安全システムが搭載されているので安心して乗れます。

低燃費で人気のおすすめ軽自動車TOP3

低燃費で人気のおすすめ軽自動車を紹介します。

スズキ アルト 

軽自動車の中で一番燃費が良く、37.0km/Lと他の軽自動車を抜いて1位です。

燃費が良いことの他に、最低価格が90万円を切る破格の安さです。

スズキ アルトラパン 

丸形のヘッドライトや内装が可愛いと女性から人気の車で、燃費も35.6km/Lと乗用車全体で最高クラスの低燃費です。

ダイハツ ミライース

ミライースは、車体の軽量化により空気抵抗が少なくなり、ハイブリッドカー並の低燃費が特徴です。

低燃費なのに、価格は100万円以下という低価格で、経済・環境面に優れた車です。

下取りするならディーラーと買取店、どっちがお得?

車を下取りに出す際に、ディーラーと買取店どちらに出すべきか迷いますよね。

どちらが下取りでお得か、ディーラーと買取店のメリット・デメリットを紹介します。

ディーラーのメリット

ディーラーのメリット
  • 人気の車種が手に入れやすい
  • 質の良いサービスが受けられる

人気の車種が手に入れやすい

ディーラーは契約を結んでいる自動車メーカーから、直接車を仕入れているので人気車種が品薄でも、スムーズに入荷する事ができます。

契約しているメーカーの車を数多く取り揃えているので、実物を見ながら検討したい時におススメです。

店舗によっては試乗する事ができるので、乗り心地や運転のしやすさなどを体験することもできます。

質の良いサービスが受けられる

一定水準を超えた質の良いサービスが受けられます。

契約メーカーの車に精通した整備士やスタッフがいるので、購入後も安心して相談できます。

ディーラーのデメリット

ディーラーのデメリット
  • 大幅な値引きが不可&メンテナンス費用が高い
  • カスタマイズできない

大幅な値引きが不可&メンテナンス費用が高い

ディーラーは、メーカーとの契約により値引きできる上限額が決められているので、大幅な値引きができません。

購入後のメンテナンスでは純正品を使うので、自動車販売店に比べて、費用が高額になりやすいです。

カスタマイズできない

車好きならカスタマイズしたい方もいるでしょう。

しかし、カスタマイズ自体を対応してもらえないディーラーもいるので注意してください。

自動車販売店のメリット

自動車販売店のメリット
  • 安く購入できる
  • さまざまな車種を検討できる

安く購入できる

自動車販売店は、新車を安く仕入れる事ができ、値引きできる上限額に決まりがないので値引き交渉ができます。

ディーラーで買うより、購入価格を安く抑えられます。

購入後の車検やメンテナンスも使用する部品は、純正ではない部品や中古部品などを取り扱っているので、車の維持費を大幅に抑えられます。

さまざまな車種を検討できる

自動車販売店は複数のメーカーと契約しているので複数の車種を取り扱っています。

複数のメーカーの車があるので、様々な車を見比べる事ができ、自分に合った車を見つけられます。

自動車販売店のデメリット

自動車販売店のデメリット
  • ディーラーのようには対応できないことがある
  • 店舗によってサービスに差がある

ディーラーのようには対応できないことがある

自動車販売店は、メーカーやディーラーを介して新車を仕入れているので、生産が追い付かないほど人気の車種などは、ディーラーより納期が遅れることがあります。

自動車のハイテク化が進んだ事で、専門工場でしか対応できなくなりました。

そのため購入した自動車販売店では整備や修理ができません。

その場合、ディーラーが手配した店舗か自身でディーラーまで持ち込む方法しかありません。

購入の際はアフターケアサービスについて確認しておきましょう。

店舗によってサービスに差がある

店舗によってサービスの質が違うので、車を見に行く際は質の良いサービスを提供している店舗か接客態度などを見極めましょう。

車買取専門店で下取りするなら一括査定がおすすめ

車買取専門店は数多くありますが、中でも「カーセンサー」は、電話やメールでのやり取りでも一括査定ができます。

提携買取業者数は1,000社を超え、圧倒的に他のメーカーより多いです。

多くの買取業者と提携しているので、買い取り金額も高くつくでしょう。

電話やメールでのやり取りが可能なので、「業者と会わずに一括査定したい」という方に「カーセンサー」はおススメです。

先日、ディーラーに行って、担当の方と売れ行きや納車の期間について話をしてきましたが、今は部品関係が入ってこなくて納車1年待ちもあるんだそうです。

だから、中古車を買う人も増えているだとか。

ただ、中古車も需要と供給のバランスで価格が上がっているそうです。

なので、今自分の車がいくらで売れるのかを把握しておくことで、高い下取り価格で良いタイミングで乗り換えることができます。

少しでも乗り換えを検討している方は、一度査定してみると良いですよ。

『買ってはいけない軽自動車』特徴まとめ

昔の軽自動車と言うと地味なデザインで、速度も遅いという本当に初心者・向けの車と言う認識でした。

しかし、現在では、丸みを帯びたボディや華やかなカラー・上質な作りなど男女問わず人気の車種となっています。

軽自動車の購入を検討している場合は、今回紹介した内容について試しに読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました