いちご煮ってまずい?青森県民の私がオススメするNo.1いちご煮

スポンサーリンク
グルメ

「いちご煮」で検索すると、いちごジャムの写真がたくさん出てきます。

が!

今日、私がお伝えする「いちご煮」は、そっちのいちごではございません。

青森が産んだ名産品の「いちご煮」です。

いちご煮?何か聞いたことはあるんだけども、いちご煮って 美味しいの?まずいの?

まずいです!!

と、一度でも言ってみたいです。

どうへりくだってみても、まずくありません。

極上の美味しさです。

「ウニとアワビのハーモニー」という素敵なコピーがあるとおり、贅沢な海の美味しさが、お椀の中に浮かんでおります。

その潮汁の美味しさといったら、、、。

素敵な食卓へアナタをお連れします。レッツゴー!!

 

いちご煮ってどんなものなの?由来や味をご紹介

いちご煮は、青森県八戸市の郷土料理、と思われがちですが、元々は、八戸市のお隣の三戸郡階上町の郷土料理です。

三陸海岸の周辺でとれる、自慢のウニとアワビを使った、それはそれは贅沢な潮汁です。

(潮汁とは、タイやハマグリなど、魚や貝を実として、塩で味つけしたお吸い物のことです。)

三陸の浜の男たちが、素潜りでとったたくさんのウニやアワビを、浜辺に持ち込んだ大きな釜に放り込んで、海水で煮込んで食べていました。

まさしく、豪快な浜の男の料理でした。

料理の名前は まだありませんでした。

 

大正時代に、この豪快な料理を、八戸市鮫町の老舗料亭旅館「石田家」がお椀にきれいに盛りつけてお吸い物として出すようになったのが、今のいちご煮と呼ばれるお料理になったということです。

でも、この浜の男の料理が、何故、「いちご」なんてかわいらしい名前になったのでしょう?

もちろん、潮汁ですから、いちごは入っていません。

「いちご煮」の命名者は、先ほど登場した「石田家」の二代目のご主人でした。

お椀の中をのぞくと、淡い乳白色の潮汁に赤身の強いウニの卵巣が沈んでいる。

その姿が、あたかも、朝もやの中で微笑んでいるのいちごのように見えた。

ということから、「いちご煮」と名付けたんです。

 

このご主人、なかなか詩心のある方だったんですね。

今風で言うと、ロマンチストな方、だったのではと想像いたします。

荒々しい浜の男の料理が、上品な名前になった理由が分かりました。

ワタシも、最初食べた時に、なんで「いちご煮」なんだろう?と不思議に思いました。

ウニがいちごに見えたという、詩心も分からなかったので、ウ~ンと思ったものです。

 

でも、今となっては、いちご煮と聞くと、ウニとアワビしか浮かばないので、面白いものですね。

この、いちご煮は、昆布だしに塩味をつけたという、実にシンプルなお味なのです。

ウニとアワビがたっぷりと入っている事により、この二つの味のハーモニーが絶妙なんですね。

お椀に入れたいちご煮を飲む前に、そっと香りを嗅ぐと、三陸の磯の香りがします。

飲む時は、青じそを千切りにして入れて欲しいです。

この青じその爽やかな香りと味わいが、いちご煮の美味しさを倍増します。

正直言って、いちご煮があれば、ご飯のおかずは要らないです。

 

いちご煮を飲みながら、炊きたての真っ白なピカピカのご飯を食べてみてください。

「これが幸せってものね。」

と、思わず、口に出してしまいそうです。

結構、塩味が強いので、ご飯のお供にぴったりなのです。

そして、上の写真を見てください。

このお椀は、津軽塗りです。

お椀は青森の高級な「津軽塗り」を使うと、一段と美味しさが増します。

写真の津軽塗のお椀は、津軽塗りの中でも高級な「七々子塗り」です。

この器を使うと、一層、贅沢なひとときを過ごす事が出来ます。

青森県人の常識のひとつ?かもしれませんネ。

 

いちご煮の食べ方や種類ってどんなものがあるの?

さて、このいちご煮ですが、食べ方は、どんな食べ方があるのでしょうか。

ご家庭で作るには、材料が高級すぎて、なかなかおいそれと作れませんが、このいちご煮、嬉しい事に、缶詰になって販売されてるんです。

なので、とてもカンタンに食べる事が出来て、地元の人も缶詰を利用して食べています。

 

ポピュラーな食べ方

一番、ポピュラーなのは、缶詰を鍋にあけて、温めて潮汁として飲む食べ方です。

青じその千切りを入れると、風味が増します。

 

いちご煮の炊き込みご飯

そして、その次くらいにポピュラーなのが、「いちご煮の炊き込みご飯」です。

これも、我が家では結構作ります。

作り方は、お米を研いで、水をしっかり切ったら、炊飯器に入れて、缶汁ごと入れて
炊き込むだけです。

これがですね、2合のお米にちょうどいい水分量なんですよね。

炊飯器の種類によっては、多少分量が違うと思いますが、ふつうに炊飯する水加減で
OKです。

炊きたてに、やはり、青じその千切りをのせて食べてみてください。

ご飯が、ウニとアワビの旨さを余すところなく吸ってくれているので、本当に感動する美味しさです。

炊き込みご飯は、冷凍も出来ますので、全部一辺に食べなくても大丈夫です。

小分けにして冷凍して、あとはチン!して食べれば、炊きたての美味しさですよ。

いちご煮の炊き込みご飯を食べれば、おかずなど要りません!

 

スープパスタもおすすめ

あとは、いちご煮でお手軽にスープパスタを作っても美味しいですよ。

ナント言っても、だしが最高に美味しいので、どうやって食べても美味しいんですよね。

 

いちご煮の茶碗蒸し

あと、いちご煮で作る「茶碗蒸し」もおすすめです。

作り方は簡単。

いちご煮をザルで具と汁に分けます。

潮汁に卵3つを入れて溶き卵にしたら、よく裏ごししてください。

後は茶碗に具を入れ、裏ごしした卵汁を適量入れて10分蒸かせば完成。

※少し具を残して、上に乗せて蒸かせば見た目も良くなりますよ。

 

 

いちご煮の購入はどこから?

この「いちご煮」の缶詰は、いろいろなお店から出ています。

ワタシがオススメするのは、一番最初に いちご煮の缶詰を販売した、「味の加久の屋」のいちご煮がイチオシです。

地元の人が、お中元やお歳暮、お土産にするのは、圧倒的に「味の加久の屋」のいちご煮です。

ここのいちご煮が、間違いないですね。

 

お値段は 缶 1468円 です。(415g入)

お試しサイズもあります。缶 702円です。(180g入)

缶詰ですので、賞味期限も長くてとても重宝します。

我が家に今あるいちご煮の缶詰の賞味期限を見てみたら、2022年4月まででした。

日持ちがするので、まとめ買いして買い置きしています。

 

 

まとめ

青森が産んだ郷土料理「いちご煮」。

海鮮がキライな人以外は、「まずい!」とは絶対に言わない自信があります。

海鮮特有の生臭さもないですし、潮汁として、または炊き込みご飯として食べていただくのが一番かなと。

アワビも驚くくらいやわらかいですし、ウニもしっかりとウニの味がします。

青森にいらした時は、お店屋さんで食べてみてください。

なかなか青森に来る事が出来ない方は、缶詰、オススメです。

いちご煮の缶詰、とても美味しいですので、是非、お取り寄せしてでも食べてみて欲しいなと思います。

タイトルとURLをコピーしました