ベビー用品を買う時期は決まっている?絶対必要なものは早めに準備

スポンサーリンク
出産

初めての出産。楽しみな反面、ベビー用品、何をいつ用意すればいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、必要なものと、急いで買う必要にないものとに分けて調べてみました。

 

ベビー用品で絶対に必要なものとは?いつまでにそろえたらいい?

短肌着が3~5枚。縫い目やタグが外側にあって、赤ちゃんに優しい

仕様になっています。真夏は、これ1枚でもオッケーですが、その

場合は少し多めに用意しておきましょう。

 

長肌着またはコンビ肌着2~3枚。短肌着の上から着ます。コンビ肌

着は、股下にスナップが付いているので足を動かしてもはだけません。

 

ツーウエイオール(ベビー服とカバ―オールを兼ねたもの)3~4枚

新生児は短肌着でも長いので、1~3カ月サイズ(60~70㎝)を多め

に用意しましょう。

 

おくるみ1枚。季節に合った素材のものがあると便利。新生児は夏

でもあると、重宝します。

 

紙おむつは新生児用は1袋(退院後すぐに使える分だけ)用意しま

しょう。出生体重によっては、新生児より小さいサイズがよい場合

があります。(3㎏までの赤ちゃん用)

 

布おむつは、おむつ20枚とおむつカバー4枚位。おむつライナー

があると便利です。

 

おしり拭き2~3個。長期にわたって使うものですが、肌に合わない

場合もあるので、とりあえず必要な分だけにしましょう。

 

防水シート1~2枚。敷布団の上に敷いて、赤ちゃんのよだれや

ミルクよごれ、おむつから漏れた尿などが布団に染み込むのを防ぎます。

これも、長期にわたって使いますので、洗濯のできるものを、用意しましょう。

 

ドーナツ枕1個もあると赤ちゃんの頭の形をかっこよく守ってくれます。

背中だけの汗取りパッドも、暑い時期には、あると便利です。

消臭タイプの使用済みおむつ入れも、あると便利です。

 

ガーゼ5~10枚。母乳・ミルクの吐き戻し、よだれ、汗拭き、沐浴、授乳

後の口拭きなどいろいろと使えて便利です。

 

ベビーソープ1本。泡が使いやすい。

綿棒1箱。目、耳、鼻、おへそなど新生児用の小さいサイズ。

へその緒が取れるまでは、入浴後のおへそケアが絶対必要です。

 

消毒用エタノール1本。入浴後のおへその消毒。へその緒が取れるまでは

きっちりしましょう。

爪切りはさみ。先端が丸くなっている、爪切り専用はさみ。

鼻水吸い器。鼻づまり、鼻水がひどい時の応急処置用として。

 

これらのものは、6ヶ月が過ぎてから、じっくり、ゆっくりと選びましょう。

スタイも、よだれがあまり出ない赤ちゃんもいるので、しばらくはガーゼで代用して、必要なら購入しましょう。

哺乳瓶は乳首の大きさや形、触感はさまざまなので、出産後に赤ちゃんの口の形や大きさを見て、購入するのがおすすめです。

入院中に助産婦さんに相談してみましょう。産院で使った哺乳瓶に馴染んでいるようだったら、同じメーカーのものを購入しましょう。

 

粉ミルクも、メーカーによって、味も配合成分も異なり赤ちゃんが

飲んでくれるものでないといけないので、もし、産院でのミルクを

飲んでいるのであれば、同じメーカーのものにしましょう。

 

抱っこ紐、横抱きと縦抱きの2wayタイプのものか、縦抱きのみの

ものにするのかも、出産後にゆっくり考えたらいいと思います。

ベビーカーもどれがいいのか、じっくり考えて決めるといいと思います。

赤ちゃんの成長は、目まぐるしく、すぐに使えなくなるようなもので、大人用のもので代用できそうなものは、代用しましょう。

また、兄弟、友人、親戚などから譲っていただけるものが、あれば是非とも譲っていただいて、活用しましょう。

 

ベビー用品でおすすめの便利グッズ5選

夜間用のライト:夜間のおむつ替えやミルク作りに、光量があまり

強くないものでまぶし過ぎない明るさのものがあると便利です。

着圧ソックス:足のむくみがスッキリして楽です。

保温ポット・ステンレスボトル:夜間授乳時やおむつ替えなどの時

にのどの渇きを癒すのに助かります。

レトルトの具だくさんのスープやみそ汁、チンして食べられるご飯

など、手を抜けるところは抜いて無理はしないようにしましょう。

授乳クッションや円座クッションもあると便利です。

 

まとめ

お母さんが本当に大変なのは、赤ちゃんと一緒に我が家に帰ってからだと思います。

絶対に無理をしないで、赤ちゃんが眠っている時は、お母さんもゆっくりと休める時には、休みましょう。

何でも自分一人で抱え込まないで、周囲の人に頼りましょう。

赤ちゃんは泣いて育つのだから、大きくゆったりとかまえていてください。

お母さんが元気で、いつも笑っていればきっと子どもは元気に育ちます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました